人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

358 愛しの泡沫アルバム(その22)

クーン・クリーク・ガールズ

カントリー・ミュージック界でハーモニカ奏者、作曲家、そして有能なプロモーターだったのがジョン・レアでした。彼の作った歌は約500以上もあり、そのうちの1つ「貨物列車のブルース」(Freight Train Blues)はハンク・ウィリアムスを始め、ロイ・エイカフ、ドク・ワトソン、ボブ・ディランによって歌われ続けています。

そんな彼が1937年にオハイオ州で「レンフロ渓谷音楽センター」(Renfro Valley Barn Dance)を設立します。この団体は何年もの間、彼自身のバンドやホーマーとジェスロ(Homer&Jethro)、その他多くののアーティストたちをプロモートし、また何千人もの地域住民に伝統的な音楽を聴かせるためにこの小さな谷に集めました。その結果、ライアは独創的なプロモーターとしての評判を得て、オハイオ州とケンタッキー州の音楽シーンに大きな影響を与えます。

レアのプロモーションでの成功はテレビの世界にも広がりました。1950年代半ばに彼はCBSのTVショーを主催し、そして1960年代には「ジョン・レアのレンフロ渓谷の納屋のダンス」(John Lair’s Renfro Valley Barndance)と題した映画まで製作されました。

彼はショーのために女性のクローハンマー・スタイルのバンジョー奏者リリー・メイ・レドフォード(Lily May Ledford)と彼女のバンドをスカウトします。

バンドは妹ロージー(ギター)、エスター・ヴァイオレット・ケーラー(マンドリン)、イヴリン・デイジー・ランゲ(ベース)の4人編成で、メンバーすべてが女性という珍しいものでした。

彼女たちは1930年代にその活動を始めていて、1940年代から1950年代にかけては地域のラジオ番組で名声を得ていました。

ジョン・レアは彼女たちに「クーン・クリーク・ガールズ」(The Coon Creek Girls)といういささか古めいたバンド名を付けます。

ステージでリリー・メイは白、ロージーはピンク、エスターはバイオレット、そしてイヴリンは金と白の、すべてレースとリボンでトリミングされた美しいドレスで登場し伝統的なストリング・バンド・スタイルの音楽を演奏しました。しかし1939年にエスターとイヴリンがバンドを去り、レドフォードの末妹スージーが加入しています。

a0038167_09170375.jpgこのバンドは1968年になってニューポート・フォーク・フェスティバルに出演すると瞬く間に名声を獲得し、カウンティ社からアルバム・デビューをしました。このアルバムがリリースされたのも1968年のことでした。メンバーはレドフォード3姉妹だけです。

音源はYoutubeにて佐生武彦さんがアップして下さってる「Take’s Bluegrass Album Channel」で聴くことが出来ます。

https://www.youtube.com/watch?v=YABQQXFohC4&t=123s/


by scoop8739 | 2019-02-26 09:19 | 泡沫アルバム探訪 | Comments(0)

357 愛しの泡沫アルバム(その21)

キャンプ・クリーク・ボーイズ

ブルーリッジ山脈に寄り添うように存在するノースカロライナ州サリー郡。その地の出身であったバンジョー奏者カイル・クリード(Kyle Creed)は、同郷のフィドラー、フレッド・コッカーハム(Fred Cockerham)とギタリストのポール・サトフィン(Paul Sutphin)を誘って1930年代にキャンプ・クリーク・ボーイズ(The Camp Creek Boys)を結成します

彼らはバーン・ダンスや地域のイベントなどで演奏活動するも今一つパッとしません。しかし地味ながらも細々とラジオ番組に出演しながらバンド活動を維持していました。

そんな彼らにも1960年代に興ったフォーク・ムーヴメントの恩恵が届きます。バンド・リーダーのカイルはフィドルにアーネスト・イースト(Ernest East)、マンドリンにヴァーリン・クリフトン(Verlin Clifton)、さらにギターにロナルド・コリンズ(Ronald Collins)とロスコー・ラッセル(Roscoe Russell)というメンバー補強をし、フェスティバルやコンテストで自らのバンドをアピールしたのです。

a0038167_08433603.jpgそうした努力の甲斐あってか、1967年にカウンティ社からのレコード・デビューが叶いました。

このアルバム『Old Time String Band』は彼らのヒット曲「占い」(Fortune)や「サイダー工場」(Cider Mill)、そして名曲「落として」(Let Me Fall)ほかオールド・タイム・ミュージックのスタンダード曲が12曲ほど収録されています。その歌や演奏スタイルはアルバムのタイトル通りに、垢抜けしない、いささか古めいたものでした。

音源はYoutubeにて佐生武彦さんがアップして下さってる「Take’s Bluegrass Album Channel」で聴くことが出来ます。

https://www.youtube.com/watch?v=7A6L1n2WT9U/

バンドはその後、1972年にマウンテン・レコードから『ブルーリッジ風スクェア・ダンスの時間』(Blue Ridge Style Square Dance Time)、翌1973年には英国のリーダー・サウンド社から『ヴァージニア風巻き』(Virginia Reel)をそれぞれリリースしていますが、それ以降は鳴かず飛ばずとなってしまいます。


by scoop8739 | 2019-02-21 08:50 | 泡沫アルバム探訪 | Comments(0)

356 愛しの泡沫アルバム(その20)

ケンタッキー・マウンテン・ボーイズ

エド・サモンズ(Ed Samons)なる人物がどういう経歴を持つミュージシャンなのかは判りかねますが、どうもケンタッキー州ウェイランド出身の歌手でマンドリン奏者のようです。

彼がギターのジャック(Jack Wiley)、バンジョーのダニー(Danny Wiley)のワイリー兄弟と、フィドルのエルドン・アレン(Eldon Allen )、ベースのレッド・ハートレー(Red Hartley)を率いて結成したのが「ケンタッキー・マウンテン・ボーイズ」なるバンドでした。

a0038167_09135892.jpgバンドは1967年に『信仰の歌』(Song Of Faith)というアルバムでデビューします。エドはこのアルバムを初めに3枚のアルバムを残しますが、そのすべてがゴスペル・アルバムでした。

https://www.youtube.com/watch?v=Dwji17XlLvE

つまり、エド・サモンズはゴスペルを専門に歌うミュージシャンだということが判ります。どうもこの当時、急速にゴスペル・シンガーとして有名になったようなのですが、人気もそこまでで後世に名を成すミュージシャンにはなれなかったようです。

ちなみにジャックとダニーの兄弟は最初のアルバムの後にバンドを離れ、長年に亘りワイリー・ファミリーの一員としてブルーグラスとカントリー・ミュージックを演奏していました。

a0038167_09245933.jpgところでこの2年後の1969年に、J.D.クロウが結成したバンド名が同じく「ケンタッキー・マウンテン・ボーイズ」でした。J.D.のバンジョーとヴォーカル、レッド・アレンのギターとヴォーカル、ドイル・ローソンのマンドリンとヴォーカル、そしてボビー・スローンのベースとヴォーカルという4人編成で、日本盤は4年後の1973年に発売されました。

a0038167_09252569.jpg

またさらに1974年に「スコッツヴィル・スクワイアー・バーカーズ」(The Scottsville Squirrel Barkers)がアリオラ・レーベルから「ケンタッキー・マウンテン・ボーイズ」名義で『ブルーグラスの有名曲』(Blue Grass Favorites)というアルバムを再リリースしています。

しかし、その両方とも前述のバンドとは何の関連も関係もありません。ややこしいったらありゃしない⁉︎


by scoop8739 | 2019-02-18 09:50 | 泡沫アルバム探訪 | Comments(0)

355 愛しの泡沫アルバム(その19)

ログ・キャビン・ボーイズ

エドワード・イーガー(Edward “Shorty” Eager)は1941年2月13日ペンシルベニア州モントラントンに生まれ、1980年にはジョージア州に移り独特のスタイルのバンジョー奏者として活躍しました。

彼は5歳で音楽を始め、ジミー・マーティンのバンドにはJ.D.クロウと入れ替わりで入団しています。また元グランド・オール・オープリーのスター、チャーリー・ベイリーや、テネシー・ボブとディキシー・ライナーズなど多くの著名なミュージシャンのバンドでも働いていました。

その後、彼は自らのバンド「ログ・キャビン・ボーイズ」(The Log Cabin Boys)を結成し毎週日曜日にショーを行っています。しかしバンドを解散してからはペンシルベニア州からノース・カロライナ州へと移り、何年もの間、重機の操縦者として働きながらマギー・バレーのテディ・サットンのオールド・カントリー・ストアで4年間演奏しました。

a0038167_12303281.jpgさて、彼の率いる「ログ・キャビン・ボーイズ」(The Log Cabin Boys)が1967年にルーラル・リズムからリリースしたのが『ブルーグラスの有名曲』(Bluegrass Favorites)というアルバムでした。アルバムは所謂ブルーグラス・スタンダードをたっぷり全20曲収録しています。

メンバーはバンジョーのエドワード・イーガー(Edward “Shorty” Eager)を筆頭に、ギターとヴォーカルのチャールズ・キング(Charles King)、セカンド・ギターにチャールズ・コナード(Charles Conard)、フィドルのビル・フィリップス(Bill Phillips)、ベースにジェイ・ヘイニー(Jay Haney)の5人編成となっています。

音源はYoutubeにて佐生武彦さんがアップして下さってる「Take’s Bluegrass Album Channel」で聴くことが出来ます。

https://www.youtube.com/watch?v=qgCwVYEFEWM&t=110s


by scoop8739 | 2019-02-15 12:31 | 泡沫アルバム探訪 | Comments(0)

354 愛しの泡沫アルバム(その18)

「カッタプス」を名乗るバンドいろいろ

ブルーグラスのバンドで初めて「カッタプス」(Cut ups)を名乗ったのは誰だったのでしょうか?

「cut up」というのは「切り刻む」とか「切り込む」という意味があります。これは「ブルーグラス=青草」という言葉があるのを前提として名付けられているのだと思われます。

ずばり「Bluegrass Cut ups」を名乗ったのはダン・リーノと別れてバンドを組んだレッド・スマイリーでした。ご存知の通り、1952年にダンとレッドが初めて組んだバンド名が「テネシー・カッタプス」(The Tennessee Cut ups)。この時点ではダンもレッドもビル・モンローのバンドに遠慮してか、「ブルーグラス」を名乗らず暗にそれと思わせるように「Cut ups」だけを使ったようです。

ところが「ブルーグラス」がビル・モンローのバンド名だけではなく、一般的に音楽のジャンルとして確立された1960年代になると、レッドは堂々と「Bluegrass Cut ups」をバンド名としたのでした。

以来、「カッタプス」はブルーグラスのバンド名に良く使われるようになります。知っているところだけでも「カントリー・カッタプス」、「ケンタッキー・カッタプス」、「シェナンドー・カッタプス」、「ヴァージニア・カッタプス」といろいろあります。

「カントリー・カッタプス」名義では1956年に「クリフ・ウォルドロンとカントリー・カッタプス」が「インディアン・ママ」(Indian Mama)というロカビリーのシングル盤をリリースしています。これはどうも私たちの知るあの「クリフ・ウォルドロン」ではないようです。

a0038167_10583158.jpg次に登場するのが1966年に『日暮れのブルーグラス』(Bluegrass at Sunset)をリリースしたケンタッキー・カッタプス」でした。このバンドはバンジョーとヴォーカルのノラ・ホーラン(Noah Hollan)、フィドルのハーブ“ソニー”コリンズ(Herb 'Sonny' Collins)、そしてベースのメル・ホゥック(Mel Houck)で、ギターとマンドリンは不明の5人編成です。しかしながらバンドはこのアルバム限りで姿を消し「泡沫バンド」となっています。

https://www.youtube.com/watch?v=ODmr0ZKLdLA&t=383s

a0038167_10584336.jpg続く1967年に『カントリー・カッタプスは大学に行く』というアルバムで登場したのが、のちにバンジョーで名を成すエド・シェルトン(Ed Shelton)と、ギターのトラヴィス・ステュワート( Travis Stewart)、マンドリンのビリー・ポック(Billy Pogue)の3人組でした。エド以下はその後に名前が挙ってこないので、これもまた「泡沫バンド」となっています。

https://www.youtube.com/watch?v=4r1jS1jNYYM&t=60s

どの音源もYoutubeにて佐生武彦さんがアップして下さってる「Take’s Bluegrass Album Channel」で聴くことが出来ます。


by scoop8739 | 2019-02-11 11:03 | 泡沫アルバム探訪 | Comments(0)

353 愛しの泡沫アルバム(その17)

レイモンド・フェアチャイルド

ネイティヴ・インディアンの血を引くヴェンチャーズのノーキー・エドワーズと同様、ブルーグラス界のノーキーと謳われるレイモンド・フェアチャイルド(Raymond Fairchild)もまたノース・カロライナ州スワインでチェロキー・インディアンの家系に生まれました。

彼は少年の頃から母親から音楽を学んで育ち、ラジオ番組を聴くうちに最も大きな音楽的影響を受けたのがアール・スクラッグスとダン・リーノでした。

成長した後、石工として働きながら演奏活動を始めます。そのうち彼は世界で最も速いバンジョー弾きと言われるようになり、バンジョー選手権のチャンピオンを5回受賞するなど数多くの賞を獲得します。

a0038167_08312534.jpg1961年に22才でシムズ・レコード社から『アメリカの最も本物のフォーク・バンジョー』(America's Most Authentic Folk Banjo)というアルバムでデビューしました。

その2年後に1963年にルーラル・リズム社と契約し、『スモーキー・マウンテンのバンジョー奏者の王様』(King Of The Smokey Mountain Banjo Players)をリリースします。

a0038167_08313605.jpgそして1966年には『ママの好きなブルーグラス・ミュージック』(Mama Likes Blue Grass Music)というアルバムをリリースしています。

これはワンマン・アルバムですが、サポート・メンバーとしてリード・ギターとヴォーカルにモーガン・キャントレル(Morgan Cantrell)、リズム・ギターとヴォーカルにモーリス・ヘイグッド(Morris Haygood)、フィドルにハーディス・パターソン(Herdis Patterson)、ベースにデヴィッド・E・フォレスター(David E. Forrester)が参加しています。

このアルバムは全23曲もの大ブルーグラス名曲集となっています。

音源はYoutubeにて佐生武彦さんがアップして下さってる「Take’s Bluegrass Album Channel」で聴くことが出来ます。

https://www.youtube.com/watch?v=8WLECmgifDI&t=225s


by scoop8739 | 2019-02-07 08:33 | 泡沫アルバム探訪 | Comments(0)

352 愛しの泡沫アルバム(その16)

ラリー・リチャードソン

ラリー・リチャードソンは1927年にオールド・タイムの聖地であるヴァージニア州ゲイラックスに生まれ、ブルーグラス音楽の初期の時代を象徴するオールド・スタイルのマウンテン・バンジョー奏者として育ちます。

彼は1949年に、ボビー・オズボーンと共にロンサム・パイン・フィドラーズをそれまでのオールド・タイム・バンドからブルーグラス・バンドに変え、1950年からの1年間はビル・モンローのバンドでバンジョー奏者として活躍しました。

また、1956年にフォークウェイズ社からリリースされた『アメリカン・バンジョー:スリー・フィンガーとスクラッグス・スタイル』(American Banjo: Three-Finger and Scruggs Style)には彼の演奏する「バッキング・ミュール」と「ロンサム・ロード・ブルース」の2曲が収録されています。

a0038167_08384339.jpgそんな彼がギター&ヴォーカルのレッド・バーカーと組んで1965年にカウンティ社からリリースしたのが『ブルー・リッジ・ブルーグラス』というアルバムでした。

メンバーはバンジョーのラリー、ギターとヴォーカルのレッドを中心に、バディ・クリスプ(ギターとヴォーカル)、ロニー・パーベット(マンドリン)、バディ・ペンドルトン(フィドル)の5人編成です。

このアルバムはトラディッショナルなブルーグラスを強調した12曲で構成され、とりわけA面1曲目「私を落として」(Let Me Fall)は好評価されました。ほかにも「ポールとサイラス」(Paul & Silas)、「心の痛み」(Pain In My Heart)、「悲しく寂しい日」(Sad & Lonesome Day)、「ブルーリッジ山脈を越えて」(My Home's Across The Blue Ridge Mountains)など、時代的にもどことなくカントリー・ジェントルメンのレパートリーを感じさせる内容となっています。

音源はYoutubeにて佐生武彦さんがアップして下さってる「Take’s Bluegrass Album Channel」で聴くことが出来ます。

https://www.youtube.com/watch?v=sQNpnbphkb8&t=300s


by scoop8739 | 2019-02-04 08:39 | 泡沫アルバム探訪 | Comments(0)

351 愛しの泡沫アルバム(その15)

チャーリー・ムーアとビル・ネイピア

ブルーグラス・シンガーとしては恵まれた才能と充分なキャリアがあるのに、本邦ではレコードが発売されていないために全く知られていないという人が沢山います。ここに紹介するチャーリー・ムーアとビル・ネイピア(Charlie Moore & Bill Napier)もそんな人たちでした。

ムーアは1935年にサウス・キャロライナ州に生まれ、1958年にデキシー・パートナーズを結成し、バンジョーのボビー・トンプソンを加えてデモ・テープをスターデイ社に送ると、これが認められて最初のレコーディングを行います。

こうしてバンドの人気も上がり地元のラジオ曲で番組を持つようになりますが、バンジョーに欠員が出るとそこに参加したのがネイピアでした。

ネイピアは1935年ヴァージニア州の生まれで、1956年頃にクリンチ・マウンテン・ボーイズにマンドリンで加入し名曲「ディキシーの夜明け」(Daybrake In Dixie)の演奏で不動の名声を築きます。

1959年にムーアのバンドにネイピアが加わり、バンドはアメリカン・レーベルで2度のレコーディングをしますがそれは失敗に終わります。しかしフロリダに移った後にTV局のレギュラーの座を得て再び彼らの人気は上昇しました。

その後、何度かのメンバー・チャンジを繰り返しながらもムーア&ネイピアは1966年までにキング・レコードに9枚のレコードを残しています。

a0038167_09013779.jpg今回ご紹介のアルバムは、キングより1965年にリリースされた6枚目のアルバム『すべての寂しがり屋のトラック運転手へ』(Songs By Moore & Napier For All Lonesome Truck Drivers)です。

彼らの最大のヒット曲「トラック運転手の女王」(Truck Driver’s Queen)をB面1曲目に収録する他、全12曲のトラック運転手への歌が楽しめる内容となっています。

音源はYoutubeにて佐生武彦さんがアップして下さってる「Take’s Bluegrass Album Channel」で聴くことが出来ます。

https://www.youtube.com/watch?v=Te-6TvPcCf4&t=2s


by scoop8739 | 2019-02-01 09:03 | 泡沫アルバム探訪 | Comments(0)