<   2018年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

312 「ニューグラス」への道(その30)

ブルーグラス・アライアンスの登場

1960 年代半ばになると南東部のブルーグラス・ミュージシャンの中には、フォークやカントリーから吸収したモダンな感覚をまったくブルーグラス音楽の範囲で演奏しようと試みる人たちが出てきます。彼らはブルーグラス音楽にあまり関心のないナシュヴィルという環境の中でブルーグラスの新生面を切り開いて行こうという試みに取り組みます。

この動きを称して「ナシュヴィル・ピッキン・セッション」と言いますが、これに参加していたのがロイ・エイカフのバンドでギターを弾いていたチャーリー・コリンズ、ジョニー・キャッシュのレコーディング・セッション・マンとして売り出し中のノーマン・ブレイク、ポーター・ ワゴナーのバンドでフィドルを弾いていたマック・マガーハ、そしてバンジョー奏者のラリー・マックニーリーという人たちでした。

中でもドック・ワトソンのクロス・ピキング奏法にクラレンス・ホワイトからのブルージーなシンコペイションを使ったアドリブを多用したようなノーマンのリード・ギターと、アール・スクラッグスとドン・リーノウのパターンをミックスし、細かいブリッジの部分にビル・キースや当時ナシュヴィルで人気の出てきたボビー・トンプソンのクロマチック・ロールを巧みに挿入して独自のスタイルとしたラリーのバンジョーはとても個性的なものでした。

a0038167_15172700.jpgそれから1年後、ナシュヴィル・ピッキン・セッションをさらに大衆化した形で、1968年にケンタッキーからブルーグラス・アライアンスが登場します。メンバーはギター奏者のダン・クレアリーとベースのイーボ・ウォーカーを中心に、バディ・スパーロックのバンジョー、ダニー・ジョーンズのマンドリン、ロニー・ピアスのフィドルが絡むといったもので、さながらナシュヴィル・ピッキン・セッションを彷佛とさせました。彼らはフォークを思わせるヴォーカル・スタイルやハーモニーをブルーグラスのリズムに本格的に溶け込ませたという点で初めてのバンドとなりました。

この演奏スタイルはビル・モンローやスタンレー・ブラザーズなどのトラディッショナルなバンドとは一線を画し、フォーク・リヴァイヴァルでブルーグラスのファンとなった第三世代ともいわれる層に瞬く間に広がっていったのです。

a0038167_15174253.jpg彼らはデビューから1971年までの4年間にわずか2枚のアルバムしか残していません(残念ながらどれもCD化されていません)が、ブルーグラスの新時代を予言するかのように2作目のアルバムは「ニュー・グラス」とタイトルされ、新しい時代の先鞭をつけたのでした。

アライアンスはその後メンバー・チェンジを繰り返します。クロス・ピッキングの名手ダン・クレアリーが抜けた後のギターにはクラレンス・ホワイトの流れを汲む新星トニー・ライスが入団してきます。そして1970年初秋にマンドリンのサム・ブッシュ、そのすぐ後の11月にはバンジョー奏者のコートニー・ジョンソンが加入しています。こうして設立メンバーはフィドル奏者のロニー・ピアスとベース奏者のイーボ・ウォーカーだけとなってしまったのでした。

このバンドの評価は高く人気もあったのですが、収入面では苦しい状況が続き、トニーはサムと共同生活をはじめます。この期間に二人は自分たちの演奏に生かす糧として、ブルーグラスにとどまらず様々な音楽に触れたといわれています。彼らの間にはより新しいものを求めようとする何かが煮えたぎっていたのでした。


[PR]
by scoop8739 | 2018-08-27 15:24 | Road To New Grass

311 「ニューグラス」への道(その29)

“時代のあだ花”だったのか、「ブルー・ヴェルヴェット・バンド」と「シートレイン」。

a0038167_09232739.jpg1960年初頭のアメリカ東海岸は、カントリー・ジェントルメンを筆頭にロンサム・リヴァー・ボーイズ、グリーンブライア・ボーイズ、ロンサム・トラヴェラーズなどシティ派ブルーグラスのメッカでした。その地でヴォーカル(ギター)のジム・ルーニーがバンジョー奏者のビル・キースと出会い、1950年代後半から共に活動を始めます。彼らは1962年にアルバム『山に住む』(Livin’ On The Mountainを発表しました。このアルバムは東海岸特有の音作りで、以降の都会派ブルーグラッサーにさまざまな影響を与えることとなります。

a0038167_09233757.jpg1968年になって彼らは、フォーク系のミュージシャンのエリック・ワイズバーグ、先進的なフィドル奏者リチャード・グリーンをメンバーに加えて、「ブルー・ヴェルヴェット・バンド」(The Blue Velvet Band)を結成しています。そして翌1969年にはワーナー・レコードからアルバム『スウィート・モーメント・ウィズ・ブルーベルベッド・バンド』を発表したのでした。ゲスト・ミュージシャンにはドラムのゲリー・チェスター(Gary Chester)とマウス・ハープのジョン・ハモンド(John Hammond)が参加しています。

それは彼らにとって唯一となるアルバムでしたが、ハンク・ウィリアムスやマール・ハガードなどの名曲を取り上げ、初期のカントリー・ロックとも言えるサウンドを披露しています。アルバムでのビル・キースのバンジョー演奏はドク・ワトソンでお馴染みの「リトル・サディ」(Little Sadie)1曲のみで、他はペダル・スティールばかりを演奏しています。なお、このアルバムの目玉といえばビル・モンローの当たり曲「世界の頂きに座って」(Sittin’ On Top Of The World)でしょうか。アンディ・カルバーグ(Andy Kulberg)の弾くベースのイントロから始まるのは、原曲のイメージからほど遠いロックのサウンドでした。

a0038167_09234736.jpgロックしているといえば「シートレイン」(Seatrain)というバンドが頭に浮かんできます。このバンドはビル・モンローのブルー・グラス・ボーイズで60年代の最高傑作と言われる名盤『ブルーグラス・タイム』を創り上げた立役者のリチャード・グリーンとピーター・ローワンを中心に構成され、西海岸ロックを演奏しているグループです。

彼らは1971年にビートルズのプロデューサーだったジョージ・マーチンに制作を委ね、出来上がったのが『シートレイン』(Seatrain)というアルバムでした。そこにはローワンの舞うようなヴォーカルにグリーンの大胆かつ細心なフィドルが絡み合って不思議な世界を創り出しています。それ自体はブルーグラス・アルバムではありませんが、目玉はとてもロックな感じの「オレンジ・ブロッサム・スペシャル」でしょう。

しかしながら、「ブルー・ヴェルヴェット・バンド」しかり「シートレイン」しかり、ロック・ファンからもブルーグラス・ファンからも距離を置かれてしまいます。彼らは「ニューグラス」がその姿を現す直前の“時代のあだ花”的な存在としてブルーグラス史に名を残すバンドとなりました。


[PR]
by scoop8739 | 2018-08-23 09:25 | Road To New Grass

310 「ニューグラス」への道(その28)

ナシュヴィルの凄腕集団によるアルバム

ボブ・ディランの『ナッシュビル・スカイライン』やモンキーズ、イアン&シルヴィアなどのレコーディングでのセッション・ミュージシャンを務めたことで触発され、自分たちの可能性を求めてオリジナル・アルバムを作り上げたのが「エリア・コード615」でした。このバンド名はナシュヴィルの市外局番をもじったもので、1969年と70年に2枚のアルバムを残しています。

メンバーはナシュヴィルで「シンデレラ・スタジオ」を経営するウェイン・モス(ギター)に、ケニー・バトリー(ドラム)、マック・ゲイドン(ギター)、デヴィッド・ブリックス(キーボード)、ノーバート・パトナム(ベース)、チャーリー・マッコイ(ハーモニカ)、ボビー・トンプソン(バンジョー)、バディ・スパイカー(フィドル)、ウェルドン・マイリック(ペダル・スティール)の8人が名を連ねていました。

彼らがそれまでに関わったミュージシャンを挙げると、エルヴィス・プレスリーを筆頭に、J.J.ケイル、ブルーワー&シップレー、ダン・フォーゲルバーグ、クリス・クリストファーソン、マンハッタン・トランスファー、ミッキー・ニューベリー、バフィ・セント・メリー、ジェリー・ジェフ・ウォーカー、エリック・アンダースン、トニー・ジョー・ホワイトといった有名なアーティストばかりです。

さて、それら2枚のアルバムはバンジョー、フィドル奏者も含むカントリー・スタイルのメンバー編成ながら、カントリーやブルーグラスにこだわらない幅広い音楽をインストゥルメンタル中心の音楽を聴かせてくれます。

a0038167_09164066.jpg1枚目、2枚目ともにそれほど音楽性の違いはないのですが、1枚目のアルバム『エリア・コード615』はどちらかと言うとカントリー、ブルーグラス色が強いアルバムでした。その中には3曲のビートルズ・ナンバーやディランのカバー曲などが収録されています。

a0038167_09170620.jpg2枚目のアルバム『トリップ・イン・ザ・カントリー』(Trip In The Country)は1枚目以上に音楽的なバリエーションが拡がり、ほぼすべてオリジナル曲で固めた内容となっています。

オープニング曲はビル・モンローのカバー曲「スコットランド」(Scotland)ですが、ブルーグラスをサザン・ロックに変身させたというような演奏でいきなり聴く者をびっくりさせます。

その他の曲でも北欧インストとブルーグラスを融合させたような不思議なサウンドの「ロシアの赤」(Russian Red)や、クラシックの室内楽と勘違いしてしまうような「ジュディ」(Judy)、先述したようなブルーグラスをサザン・ロックに変身させたようなナンバーでマック・ゲイドンの迫力あるヴォーカルも聴ける「灰色スーツの男」(Gray Suit Men、この曲での彼のヴォーカルがエリア・コード解散後に結成された"ベアフット・ジェリー"でヴォーカルを担当することを予見させます)をはじめ、彼らのルーツであるカントリーやブルーグラスをサウンドの軸にしながらも、ロックやブルース、その他多くのジャンルの音楽を積極的に取り入れたサウンドを展開しています。

彼らは決して一般受けするようなバンドではありませんでしたが、演奏は1970年代のエルヴィス・プレスリーのバック・バンド(以前紹介したジェイムズ・バートンがバン・マス)に登用されるメンバーもいるだけに当然素晴らしいものでした。

先にも述べましたが、あくまでバンド編成はカントリーですが、各パートのインタープレイを満喫できる曲や、超絶ソロをフューチャーした曲もあり、フュージョンやジャズロック的なアプローチが聴かれます。ナシュヴィルといえばカントリーとブルーグラスという保守的なイメージからの脱却を図ろうとしたところがこのバンドの魅力でした。


[PR]
by scoop8739 | 2018-08-20 09:18 | Road To New Grass

309 「ニューグラス」への道(その27)

東海岸に根付く新しい草

クリフ・ウォルドロン(Cliff Waldron)は1963年の結婚を機にワシントンD.C.により近いヴァージニア州北部に居を移します。当時のワシントンD.C.はフォーク・リヴァイヴァルの波に乗り、大学生を中心にブルーグラスが活発な地域でした。

ウォルドロンはその地で「ページ・バレー・ボーイズ」(The Page Valley Boys)というバンドに加入しマンドリン奏者として活躍を始めます。このバンドには有名なバンジョー・プレイヤーのビル・エマーソン(Bill Emerson)が在籍していて、そのうちエマーソンはウォルドロンを誘って「リー・ハイウェイ・ボーイズ」(The Lee Highway Boys)を結成することになります。バンドはすぐに「エマーソン&ウォルドロンとリー・ハイウェイ・ボーイズ」と名を改め、ワシントンD.C.界隈では人気のバンドとなりました。

彼らはワシントンD.C.周辺で流行の新しい潮流に逆らうことなく、フォークからロックまであらゆる音楽ジャンルの素材を積極的に取り入れて次々と新しい音楽をアレンジしていきます。

レパートリーにはティム・ハーディンの「もし私が大工だったら」(If I Were A Carpenter)やクリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル(C.C.R.)の「プラウド・メアリー」(Proud Mary)、ゴードン・ライトフットの「朝の雨」(Early Morning Rain)など次々とその幅を広げていきました。

a0038167_08470549.jpg彼らのそうした活躍はレベル社に認められて1968年に初のアルバムをリリースすることになります。アルバムは『草(ブルーグラス)の新たな彩り』(New Shades Of Grass)と題され、折からのカントリー・ロックの波に乗って幸先よいスタートを切りました。

その後も彼らはイギリスのロック・バンド、マンフレッド・マン(Manfred Mann)の「フォックス・オン・ザ・ラン」(Fox On The Run)やC.C.R.の「ロダイ」(Lodi)など、最新のロック系音楽をレパートリーに加えながら3枚のアルバムを発表します。

a0038167_08474092.jpgバンドの屋台骨の一人、ビル・エマーソンがカントリー・ジェントルメンに移籍すると、ウォルドロンはバンド名を「ニュー・シェイズ・オブ・グラス」(The New Shades Of Grass)と改め、4枚目のアルバム『ライト・オン!』をリリースしました。

新体制でのスタートでしたが、レパートリーにはイアンとシルビアの「四つの強い風」(Four Strong Wind)や、ビージーズの「君に贈るメッセージ」(Gotta Get A Message To You)を加えるなど流行に敏感に対応する姿勢は変わりませんでした。


[PR]
by scoop8739 | 2018-08-09 08:48 | Road To New Grass

308 「ニューグラス」への道(その26)

カントリー・ロック誕生の背景

グラム・パーソンズがバーズに持ち込んだ“カントリーにロックを結びつける”というアイデアは、西海岸の音楽シーンで急速に他のアーティストに飛び火していきます。

もともとカリフォルニアはアメリカ合衆国のそう長くない歴史の中でもより歴史の浅い土地です。また開放的な気候風土も相まって伝統にとらわれることなく新しい音楽スタイルを築くには好都合な場所でした。

事実、カントリー・ロック以前にもサーフィン・サウンド、フォーク・ロック、サイケデリック・ロックなどの斬新なスタイルが生まれています。

しかし、このカントリーとロックとの融合作業は、実はそれほど簡単なことではありませんでした。何故なら、ある部分でカントリーはアメリカの体制を支持する音楽、ロックは反体制を象徴する音楽だったからです。思想の異なる両音楽のファンがそう易々と歩み寄ることはなかったのでした。

カントリーの有名なD.J.のラルフ・エメリーは、バーズの『ロデオの恋人』をヒッピーのカントリーだと批判し、また人気歌手のマール・ハガードは自作の「さすらいの流れ者」(Okie From Muskogee)の中で徴兵カードを焼いてしまうようなヒッピーを攻撃しています。

こういう状況下にありながら西海岸の多くのアーティストがカントリー・ロックに向かった理由は何だったのでしょうか?

ひとつには、60年代のL.A.やサンフランシスコのロック・シーンには本格的なブルーグラス出身者が潜在していたということが挙げられます。

かつてカリフォルニアは「ブルーグラス不毛の地」と言われていました。バンジョー、マンドリン、フィドルなどのアコゥスティック楽器で奏でられるブルーグラスはトラディッショナルな音楽と誤解されやすいのですが、ところがこの音楽形態は、ビル・モンローが1940年代にアパラチアン山脈に伝わるマウンテン・ミュージックを土台に、カントリーや黒人ブルースの要素を融合させて完成させた新しい音楽のスタイルだったのです。そして逆にブルーグラスはカントリーにも影響を与えていたのです。

そんなブルーグラスが西海岸のラジオ曲で紹介され始めたのは1950年代の後半のことでした。間もなくカリフォルニアにはいくつかのブルーグラス・バンドが胎動し始めます。

そこには後にロック・フィールドで活躍するクリス・ヒルマン、バーニー・レドン、ケニー・ワーツ、ラリー・マレー、クラレンス・ホワイト、ジェリー・ガルシア、デヴィッド・ネルソンらの姿がありました。

当時はフォークがひとつの主流音楽で、彼らはフォーク系スポットなどに活動の場を得ています。中でもケンタッキー・カーネルズのクラレンス・ホワイトは天才的なギター・テクニックで注目を浴びていました。

ところが西海岸でブルーグラスが深く根付くのに充分な時間は残されていませんでした。なぜなら1964年にアメリカに上陸したビートルズが、人々の興味をアコゥスティック音楽からエレクトリックなロック音楽に向けてしまったからです。そして次第に西海岸のブルーグラス・ミュージシャンたちも自ら希望して、また生活のためにやむを得ずロックに転向していきました。

しかし彼らブルーグラス出身のロック・ミュージシャンが後年、ルーツ・ミュージックに目覚めたことがカントリー・ロック形成にはずみをつけたばかりか、新たにディラーズ、ハーブ・ペダーセン、デヴィッド・グリスマン、ピーター・ローワン、バイロン・バーライン、リチャード・グリーンなどのブルーグラス・ミュージシャンをもシーンに巻き込んでいったのです。


[PR]
by scoop8739 | 2018-08-06 08:38 | Road To New Grass

307 「ニューグラス」への道(その25)

フライング・ブリトゥ・ブラザーズの試み

バーズを脱退したグラム・パーソンズとクリス・ヒルマンが中心となり、ペダル・スティールのスニーキー・ピート・クライナウ(Sneaky Pete Kleinow)とベースのクリス・エスリッジ(Chris Ethridge)を加えて1968年に結成されたのがフライング・ブリトゥ・ブラザーズです。

彼らはバーズで試みた“カントリー・ロック”をさらに発展させ、サザン・ソウルの要素までも取り入れ、まさに"ルーツ・ロック"というものを目指します。

こうしたグラム・パーソンズの試みは、誰もが「ウッドストック・フェスティバル」を頂点とする浮ついたロック共同幻想に踊らされていた1960年代後半の激動期にあって、そうした時流に逆らうかのように、南部人としての立脚点をカントリーに求めたロック・アーティストの“見直し作業”だと考えられます。

つまり、パーソンズとしては混乱の時代だからこそあえて自らの足下を見つめ直す作業ながら、単に“振り返る”のではなく、あくまで現在進行形の「サウンド」なり「ノウハウ」にこだわりながらの“再確認作業“だったのです。

そしてデビュー・アルバム『黄金の城』(The Gilded Palace Of Sin)と2作目の『ブリトゥ・デラックス』(Burrito Deluxe)でその土台を確かなものとしました。

a0038167_08464620.jpgアルバム『黄金の城』でのオープニング曲「悪女の歌」(Christine's Tune)は軽快なアップ・テンポのカントリー・ロックですが、3曲目「ドゥ・ライト・ウーマン」(Do Right Woman)と4曲目「通りの暗がり」(Dark End Of The Street)は2曲ともダン・ペン作のサザン・ソウルの曲でした。この3曲が前半のハイライトとも言えます。

アルバム後半での聴きどころはメンバーのオリジナル曲の「ホット・ブリトゥ#1」(Hot Burrito #1)と「ホット・ブリトゥ#2」(Hot Burrito #2)です。

「ホット・ブリトゥ#1」はスニーキー・ピートのペダル・スティールの間奏のソロがなんともいえないほど美しいバラードです。また「ホット・ブリトゥ#2」は日本語ロック・バンドの草分け的存在である「はっぴいえんど」の「花いちもんめ」の元ネタとしても有名な曲です。

フライング・ブリトゥ・ブラザーズはこれ以降の、1970年代の西海岸の音楽シーンを考えた時に欠かせない脈流をつなぐ大事な架け橋となったバンドでした。


[PR]
by scoop8739 | 2018-08-01 08:50 | Road To New Grass