人気ブログランキング |

394 愛しの泡沫アルバム(その55)

ビル・グラントとデリア・ベル

デリア・ノウェル(Delia Nowell)はテキサス州ボーナムで1938年に生まれ、子供の頃にオクラホマ州ヒューゴに移住します。彼女はスタンレー・ブラザーズやビル・モンローのブルーグラス音楽に触発されて10代の頃から歌い始めました。大人になってボビー・ベル(Bobby Bell)と結婚した彼女は、1959年にボビーの友人で歌の上手いビル・グラント(Bill Grant)と親しくなります。

ビル・グラントは1930年、オクラホマ州に住むインディアンのチョクトー族(Choctaw)に生まれヒューゴ近くの牧場で育ちます。彼は成長するとビル・モンローに触発されマンドリンを弾き始めました。そのうち彼らは一緒に歌い始め、すぐにラジオKIHNヒューゴ局で「リトル・デキシー・ヘイライド」(Little Dixie Hayride)という番組の常連になります。

1960年の後半には二人はボナム兄弟(The Bonham Brothers)と一緒にバンドを組んで各地のブルーグラス・フェスティバルに出演し人気者になりました。彼らはバンド名を「キアミチ・マウンテン・ボーイズ」(The Kiamichi Mountain Boys)と名乗ります。この変わった名前は、グラントとベルの家の近くにあるキアミチ山脈にちなんだものでした。また、商才のあるビルは独自のレーベル「キアミチ・レコード」を主体に数多くのレコードをリリースしています。

a0038167_08464204.jpgまず1972年にはバンド名でデビュー・アルバムをリリースします。メンバーはビルのマンドリンとリード・ヴォーカル、デリアのギターとテナー・ヴォーカルを中心に、バンジョーのベン(Ben Bonham)、ギターのグレン(Glen Bonham)、フィドルのオーヴィル(Orville Bonham)、ベースのヴァージル(Virgil Bonham)のボーナム兄弟を従えての6人編成でした。このアルバムはジャケットをカラフルにして1976年に再リリースされています。

a0038167_08490998.jpg続く1974年に『キアミチ・カントリー』(Kiamichi Country)をリリースしました。

https://www.youtube.com/watch?v=tcHCvEcf6VI/

a0038167_08342701.jpg翌1975年には『そこに泉あり』(There Is A Fountain)、同年『最後のクリスマス・ツリー』(The Last Christmas Tree)と、その勢いは止まりません。

https://www.youtube.com/watch?v=oSi9mF1d9pM/

さらに翌1976年には『14の思い出』(Fourteen Memories)、1978年には『オクラホマにつながる道』(My Pathway Lead To Oklahoma)、翌1979年には『マウンテン・スタイルのブルース』(The Blues - Mountain Style)と立て続けにアルバムをリリースしています。またボナム・ブラザーズ名義でも、1976年に『2世代』(Two Generations)というアルバムをほぼ同じメンバー編成でリリースしています。

こうして有名になった彼らでしたが、ボナム兄弟がツアーを嫌ったためにバンドは1980年に解散しました。その後、ビルとデリアの2人はジョンソン・マウンテン・ボーイズ(The Johnson Mountain Boys)と一緒に仕事をしたり、またその時々でいろんなミュージシャンと一緒に演奏活動を行っています。

それぞれの音源はYoutubeにて佐生武彦さんがアップして下さってる「Take’s Bluegrass Album Channel」で聴くことが出来ます。


by scoop8739 | 2019-06-24 08:57 | 泡沫アルバム探訪 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 395 愛しの泡沫アルバム(そ... 393 愛しの泡沫アルバム(そ... >>