人気ブログランキング |

389 ビートルズ・ソングをブルーグラスで(その3)

「ビートルグラス」と同じような楽器構成ながらよりポップであり、サイケデリックなのが「サージェント・ポップグラス」(Sgt. Popgrass)というバンドです。

このバンドは1981年にイリノイ州シャンペーンでスタートしたロック&ポップ・トリオ「エルヴィス・ブラザーズ」にいた奇才「グラハム・エルヴィス」(Graham Elvis)が主宰しています。

グラハムは現代クラシックやポップ・ソングをブルーグラスに合わせることによって、ユニークかつオリジナルな「ポップ・グラス」と呼ばれる新しいジャンルの音楽を生み出しました。

バンドにはグラハムの他に3人の非常に才能のあるミュージシャンが在籍しています。一人はベースのマイク・ブラッドバーン(Mike Bradburn)、もう一人はクリスタ・ハートマン(Krista Hartman)という女性シンガー・ソングライター、そしてマンドリンとバンジョーを担当するジョエル・シンプソン(Joel Simpson)でした。

a0038167_13532171.jpgバンドの選曲も一風変わっていて、誰も演奏することのないような曲、例えば「ただ眠いだけ」(I'm Only Sleeping)や「ヘルター・スケルター」(Helter Skelter)などを得意としています。彼らはこのような、新鮮、かつ魅力的なビートルズ・ソングの数々をライブで演奏し、観客に笑顔を届けています。

https://www.youtube.com/watch?v=186pjWzbIiQ/

https://www.youtube.com/watch?v=L_kTZllZ-c0/

彼らには珍しくおとなしい曲「レイン」(Rain)も演奏しています。ビートルズ・ソングを歌うバンドは数多くありますが、この曲を歌っているものはあまり聴いたことがありません。

https://www.youtube.com/watch?v=-ixBSDO5y-M/

a0038167_13533151.jpgあまり聴いたことがない中でも、1970年代から1980年代半ばにかけてワシントンD.C.を中心に演奏活動していた「アパラチアン・レイン」(Appalachian Reign)というバンドはこの曲をいち早くレパートリーにしていました。

https://www.youtube.com/watch?v=ZEzbkY_YAVs/

演奏を聴いてお判りのように、彼らによる素材の選択やそのアレンジ、そしてライヴながらこの安定した演奏テクニックなど、当時はたくさんの観客を満足させたようです。

バンドは1970年代半ばにトム・ノウルズ(Tom Knowles)によって結成され、ほぼ10年間、フェスティバルやライヴ・ハウスで演奏活動をしていました。ロックビルにあるレッド・フォックス・インでは8年間に亘りほぼ毎週のように演奏をしています。

しかしそんな活動にも関わらず、バンドはメリーランド州ベセスダにあったアーバン・レコーディング社に僅か1枚のシングル盤しか残していません。

当時のミュージシャンは、ギターとリード・ヴォーカルにトム・ノウルズ、マンドリンとテナー・ヴォーカルにネヴィン・ランバート(Nevin Lambert)、バンジョーにスタッフォード・マーカム(Stafford Markham)、フィドルにデイブ・ゴールドマン(Dave Goldman)、ベースにジム・デューク(Jim Duke)という5人編成でした。

バンドはメンバー・チェンジを重ね、一時期、ギターとテナーにデイヴ・オウルドリッヂ、フィドルにジョー・メドウスなども在籍しましたが、1980年代半ばまででその活動を終わらせています。


by scoop8739 | 2019-06-07 13:54 | ビートルズ・ソング | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 390 愛しの泡沫アルバム(そ... 388 ビートルズ・ソングをブ... >>