人気ブログランキング |

368 愛しの泡沫アルバム(その32)

パイク・ブラザーズ

既述のジミー・グッドローのアルバム・デビュー(シリーズ25)でご紹介したバンジョー奏者のフレッド・パイクは、ロードアイランド州に生まれますが、まもなく一家は北に向かって移動します。

1ダースほどいる子供たちの中でフレッドは最年少でした。そのうち楽器を習得したのはわずか5人でしたが、フレッドは4年後にはすでにステージ・ショーやダンス会場で演奏をしていました。

兄弟のうちフレッドと兄のアールが1947年にファミリー・バンドを結成します。このバンドは1960年代半ばから1970年代初頭にかけてコネチカット州東部で演奏活動をしています。

バンドはフレッド(バンジョー、ギター、ドブロ)とアール(Earl、ギターとヴォーカル)、その妻のニータ(Nita、ヴォーカル)、デイヴ・パプーガ(Dave Papuga、ギター)、ジョン・ピエラ(John Piela、ベース、バンジョー)という編成で「パイク・ブラザーズとパイン・ヒル・ランチャーズ」(Pike Brothers & The Pine Hill Ranchers)と名乗ります。そしてグループにアールとニタの最年長の娘アレーヌ(Earlene)が加入してきました。

a0038167_08283734.jpgアレーヌは非常に才能のある歌手で、そのハスキーで少年のような歌声は独特で当時14歳にもかかわらず大人びて聴こえました。1968年になってバンドはレベル社よりアルバムをリリースします。

https://www.youtube.com/watch?v=qjjwPB70JIw/

フレッドとアールのオリジナルが3曲収録され、サポートにはマンドリンでA面2曲目、4曲目とB面2曲目にダン・リーノの息子ロニー、B面4曲目にジョン・ダフィーがそれぞれ参加しています。

a0038167_08311507.jpgこの後、バンドは「パイク・ファミリーとパイン・ヒル・ランチャーズ」と名を改めて1970年に2枚目のアルバム『温かくて快適』(To Warm And Comfort You)をリリースしました。

https://www.youtube.com/watch?v=15A_CCQUqn0/

しかし残念なことに、アレーヌが骨癌による合併症のため1972年8月11日に18歳という若さで亡くなってしまいました。

それぞれの音源はYoutubeにて佐生武彦さんがアップして下さってる「Take’s Bluegrass Album Channel」で聴くことが出来ます。


by scoop8739 | 2019-03-29 08:38 | 泡沫アルバム探訪 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 369 愛しの泡沫アルバム(そ... 367 愛しの泡沫アルバム(そ... >>