人気ブログランキング |

350 愛しの泡沫アルバム(その14)

アール・テイラーと彼のブルー・グラス・マウンテニアーズ

アール・テイラー(Earl Taylor)は1926年ヴァージニア州カンバーランドに生まれ、1953年頃からマンドリニストとしてブルーグラス界に身を置きました。そして1955年にはジミー・マーチンが作った「サニー・マウンテン・ボーイズ」に加入し、57年まで活動します。

a0038167_09055604.jpgその後、自身のバンド「ストーニー・マウンテン・ボーイズ」を結成。1959年にはアラン・ロウマックスの監修の下、ユナイテッド・アーティスト社から『ブルーグラスからのフォーク・ソング』(Folk Songs From The Bluegrass)というアルバムをリリースしています。

この時のメンバーは、アールのマンドリンとヴォーカル、バンジョーにウォルター・ヘンズレー(Walter Hensley)、ギターとヴォーカルのサム・ハッチンズ(Sam Hutchins)、フィドルのカーチス・コーディ(Curtis Cody)、ベースにヴァーノン・マッキンタイア(Vernon McIntyre)という5人編成でした。しかし、バンドはこのアルバム1枚残したきりで消息不明となります。

時が移り、アルバムはフォーク・リヴァイヴァルの波に乗り1964年に再発されます。しかしアールはその時すでに新しいバンドを結成していました。

a0038167_09062667.jpgこのアルバムで再び火がついたアールは、1964年に新しいメンバーによってキャピトルから『ブルーグラス・テイラー・メイド』(Bluegrass Taylor-Made)というアルバムをリリースします。アルバム・タイトルは、テイラー(Taylor)と仕立て屋(Tailor)をかけた何とも粋なネーミングでした。

メンバーはアールと旧知のウォルター・ヘンズレーに加えて、ギターとヴォーカルにジム・マッコール(Jim McCall)、フィドルにベテランのベニー・マーチン(Benny Martin)、ベースはたぶんロイ・ハスキー(Roy Huskey)かと思われます。

アルバムは全12曲で、今ではスタンダードと言える曲ばかりです。勢いの中にも涙のひと雫を感じさせるジムのリード・ヴォーカルに、アールの典型的なテナーが加わり、さらに5つの楽器が一体となってブルーグラスの伝統的な演奏スタイルが演じられます。

ところがこのアルバムの後、アールは一時バンドを解散し、再びジミー・マーチンのセッションに加わっています。

音源はYoutubeにて佐生武彦さんがアップして下さってる「Take’s Bluegrass Album Channel」で聴くことが出来ます。

https://www.youtube.com/watch?v=HzIljN4OYHs&t=151s


by scoop8739 | 2019-01-29 09:07 | 泡沫アルバム探訪 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 351 愛しの泡沫アルバム(そ... 349 愛しの泡沫アルバム(そ... >>