人気ブログランキング |

349 愛しの泡沫アルバム(その13)

ダイアンとグリーンブライア・ボーイズ

ダイアンはニューヨークに生まれロスで育ち、十代前半からテレビや映画の世界で活躍していていました。彼女は子ども頃からカントリー歌手のローズ・マドックス(Rose Maddox)のファンであることを公言するほどブルーグラスやカントリー音楽に親しみ、自身の音楽活動にも意欲的でした。

旧知の仲だった音楽プロデューサー、ジム・ディクソンの尽力で、当時ファースト・アルバムを発表後にアメリカ西海岸地域でプロモート・ツアーを行っていた「グリーンブライア・ボーイズ」(The Greenbriar Boys)の楽屋を訪ね、両者は初めて顔を合わせることとなりました。

お互いは数曲ジャムをした後に、その場の勢いでなんと一緒にステージに上がり2曲ほど歌を披露したそうです。

この共演がきっかけとなり、ダイアンとグリーンブライア・ボーイズの共演アルバム制作の企画が立ち上がり、レコーディングが実現します。

グリーンブライア・ボーイズは2年前にもジョーン・バエズと「私の友だち」(Pal Of Mine)という曲をレコーディングした経験もあり、ポップスへの接近を容認していたのでしょう。

a0038167_10375041.jpgこうして1963年に発表されたのが『ダイアンとグリーンブライア・ボーイズ』(Dian & The Greenbriar Boys)でした。

ダイアンはこのアルバムを発表の後は表立った音楽活動をしておらず、アルバム1枚残しただけでした。このようにタレントの気ままなノリで作られたアルバムだった訳ですが、グリーンブライア・ボーイズのファンにとってはありがたい1枚となりました。

音源はYoutubeにて佐生武彦さんがアップして下さってる「Take’s Bluegrass Album Channel」で聴くことが出来ます。

https://www.youtube.com/watch?v=MPyZpDy39B0&t=15s

余談ですが、ダイアンの従兄弟は後にシンガー&ソングライターとして活躍するランディ・ニューマンだということです。


by scoop8739 | 2019-01-24 10:44 | 泡沫アルバム探訪 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 350 愛しの泡沫アルバム(そ... 348 愛しの泡沫アルバム(そ... >>