342 愛しの泡沫アルバム(その6)

ノブ・リックス・アッパー・テン・サウザンド

エリック・ジェイコブセンはティム・ハーディンやラヴィン・スプーンフルらへの作品提供や音楽プロデューサーとして後世に名を残しています。彼はシカゴの西側のイリノイ州オークパークで生まれ、高校で彼はチューバとサフォンを演奏していました。

その後、オハイオ州の名門校オバーリン大学でバンジョーを弾き始め、1962年に大学を卒業した後はカール・ストーリーの甥ドゥウェイン・ストーリー(Dwain Story)、ピート・チャイルズ(Pete Childs)を誘い変な名前のバンド「ノブ・リックス・アッパー・テン・サウザンド」(The Knob Lick Upper 10,000)を結成します。

バンド名はケンタッキー州の小さな町「ノブ・リック」に由来し、「アッパー・テン・サウザンド」(Upper 10,000)とは「上層地層」または「地方」を意味するドイツ語の翻訳なのだそうです。

彼らはニューヨーク市のグリニッジ・ヴィレッジにある「ビター・エンド・コーヒー・ハウス」で演奏するようになり、そこで当時ボブ・ディランのマネージャーだったアルバート・グロスマンにスカウトされ契約しました。そして1962年にマーキュリー・レコードからバンド名をタイトルにしたアルバムでデビューしています。

a0038167_08314640.jpgこのアルバムを聴いてみると、当時のアメリカ東部のブルーグラスがいかに進歩的であったのかが察せられます。たとえばB面2曲目「ノブリック・シャフル」は演奏形態こそ違いますが、まるでカントリー・ジェントルメンの代表曲「ナイト・ウォーク」そのものです。
https://www.youtube.com/watch?v=cQ_eh_XTBmo&t=4s

彼らは同年に2枚目のアルバム『練習!!!』(Workout!!!)をリリースするほどの勢いでした。ところが、ビートルズのアメリカ上陸とその音楽にショックを受けたジェイコブセンは、将来を見据えてバンドを離れることを決め、ニューヨークに行きジョン・セバスチャン(ラヴィン・スプーンフルを結成)を発掘、彼らのプロデュースをすることにします。

このように、後にフォーク・ロックとの関わりを持つエリック・ジェイコブセンが、その胎動期においてどのようにブルーグラスを演奏してきたのかを知るには、これは貴重なアルバムかも知れません。
by scoop8739 | 2018-12-28 08:33 | 泡沫アルバム
<< 343 愛しの泡沫アルバム(その7) 341 愛しの泡沫アルバム(その5) >>