人気ブログランキング |

336 ブルーグラスの中のディラン(その8)

アルバムの中のディラン・ソング(3)

a0038167_08455487.jpgボブ・ディランのブルーグラス・バージョンの極めつけは、ティム・オブライエンが1996年にリリースした『レッド・オン・ブロンド』(Red On Blonde)でしょう。

これはアルバムまるごとディラン・ソング集となっています。このアルバムに収録されている曲は全13曲あり、かいつまんで書いてみます。

まずはディランが1963年にリリースした2枚目のアルバム『フリーホィーリン』から「戦争の親玉」(Master Of War)と「オックスフォード・タウン」(Oxford Town)の2曲です。

さらに、1965年にリリースした5枚目の『ハイウェイ61の再訪問』(Highway 61 Revisited)から「墓石のブルース」(Tombstone Blues)や、同1965年にリリースした6枚目の『みんな家に帰す』(Bringing It All Back Home)から「地下のホームシック・ブルース」(Subterranean Homesick Blues)と「マギーの農場」(Maggie’s Farm)の2曲も収録されています。

1967年リリースのディラン初のカントリー・ロックのアルバム『ジョン・ウェズレー・ハーディング』(John Wesley Harding)からは「邪悪な伝達人」(The Wicked Messenger)が収録されています。

1970年リリースの10枚目の『新しい朝』(New Morning)からは「父の夜」(Father Of Night)や、1974年リリースの15枚目の『惑星波』(Planet Waves)からは「いつまでも若く」(Forever Young)なんかも収録されています。

1978年リリースの『ストリート・リーガル』(Street-Legal)からは「セニョール」(Sênor "Tales Of Yankee Power")、翌1979年の『ゆっくり列車がやって来た』(Slow Train Coming)から「人間はすべての動物の名付け親」(Man Gave Names To All The Animals)や、1985年に発売されたボックスセットにのみ収録されていた(ただし1964年にレコーディングしていた)曲「疲れた曲を眠らせる」(Lay Down Your Weary Song)も収録されています。

一番新しいアルバムとしては、1989年リリースの『オー・マーシー』(Oh Mercy)から「みんな壊れている」(Everything Is Broken)が収録されています。

以上、知っている限りを書いてみましたが、アルバムを通して聴く限り、ティム・オブライエンの“ディラン愛“がひしひしと伝わってまいります。
by scoop8739 | 2018-11-28 08:49 | ディラン・ソング | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 337 愛しの泡沫アルバム(その1) 335 ブルーグラスの中のディ... >>