人気ブログランキング |

328 「ニューグラス」への道(その45)

ブルーグラス来るべきもの

ジャズの世界に「ジャズ来るべきもの」(The Shape of Jazz to Come)という有名なアルバムがあります。これは1959年にジャズ・サックス奏者のオーネット・コールマンがアトランティック・レコードに移籍して発表したアルバムで、後に「フリー・ジャズ」と呼ばれる新しい音楽の雛形となった作品でした。

a0038167_09110869.jpgさて1970年代後半、アメリカ西海岸でスウィング・ジャズがリバイバルする以前に、ジャズとブルーグラスの融合を模索していたデビッド・グリスマンは、アコゥスティック弦楽器で独特なドライヴ感とスウィング感を紡ぎ出す「ドーグ・ミュージック」(Dawg Music)という音楽スタイルを生み出します。

グリスマンがジャズ界からステファン・グラッペリやエディ・ゴメスらを招き入れたことなどから、ブルーグラス・ファンもジャンゴ・ラインハルトらを知る切っかけともなり、ブルーグラス・ミュージックは多種多様でファジーな様相を呈していきます。

a0038167_09111910.jpgサム・ブッシュはニュー・グラス・リバイヴァル(NGR)をメジャーに乗せるべく、ベラ・フレック、ジョン・コーワン、パット・フリンという当時の凄腕プレイヤーを傭した強力な布陣でインパクトのあるグラス・ロックを展開します。

バンジョー奏者のトニー・トシリシュカは、ゴードン・ライトフットのナンバーをよく歌いフォーク路線へと進みました。NGRのベラ・フレックは、当時のナッシュビルを表現する「ナッシュビル・ブルーグラス・バンド」を発足させます。

1980年代になるとニューグラス傾向の反動で、ブルーグラスの原点回帰を図る動きが出てきてます。そして更なる発展へと向かう時期となったのです。

この時期、無数のトラッド・バンドが誕生しています。「ジョンソン・マウンテン・バンド」が人気を博し、ニュー・トラッド・バンドではトニー・トリシュカの「スカイライン」、ティム・オブライエンの「ホット・ライズ」などが注目されました。

1980年代中期、リッキー・スキャッグスのカントリーへの接近、サム・ブッシュのブルーグラス・ロック、トニー・ライスのヴォーカルへの再挑戦なども起こりました。

そして1980年代後半、遂にCD時代の到来となるやブルーグラス音源は一段と活気づき、プレイヤーによるアコースティック・カントリーのセッションも盛んに行われるようになりました。

この先もブルーグラス・ミュージックは時代の先端を走る音楽と交わりながら離合と拡散を繰り返します。そしてこのジャンルが続く限り、さらなる進化と発展を続けることでしょう。

(「ニューグラスへの道」おわり)
by scoop8739 | 2018-10-26 09:17 | Road To New Grass | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 329 ブルーグラスの中のディ... 327 「ニューグラス」への道... >>