257 至高のサウンド(その11)

マイク・オゥルドリッヂ、ソロ・アルバムを発表

a0038167_08364646.jpg

ポップスやロックでは常識となっていますが、例えばテレビでの“特番”のような、一人のプレイヤーがバンドとは別に独自のアルバムを制作する「スタジオ・スター・アルバム」と言われるものがあります。

アルバムのコンセプトは、あるプレイヤーに焦点を当てたもので、そのプレイヤーが特定の機会に他の何人かのプレイヤーを“ゲスト”に迎え、彼らはまるで“友人が手伝いに来たかのように”スタジオにやって来る、というものです。これらのゲストは“スター”としてのホストよりも知名度が高い場合があるかもしれませんが、あくまで彼らはサブ的な“顔見せ”という役割を与えられます。

ブルーグラス・プレイヤーによる「スタジオ・スター・アルバム」の初期の例がアール・スクラッグスによるアルバム『ヒズ・ファミリー・アンド・フレンズ』(His Family And Friends)でした。このアルバムにはゲストとしてボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、バーズ等が参加しています。

同様に、流麗で独創的なドブロ演奏で“スター”となったマイク・オゥルドリッヂがホストを務める彼のファースト・アルバムが、ブルーグラス界でよく知られたミュージシャンたちを集めて制作されました。その場所はニューヨークでした。

参加メンバーはマイク・オゥルドリッヂのドブロとヴォーカルを筆頭に、セルダム・シーンからはマンドリンのジョン・ダフィー、バンジョーのベン・エルドリッヂ、ベースにトム・グレイ。カントリー・ジェントルメンからはリズム・ギターにチャーリー・ウォーラー、バンジョーにビル・エマーソン、ギターとマンドリンにドイル・ローソン、ベースにビル・イェイツ。そしてさらにドブロの大御所ジョッシュ・グレイヴス、フィドルのヴァッサー・クレメンツ、ギターにデヴィッド・ブロンバーグ、ベースにスティーヴ・バーグという顔ぶれでした。

本題から逸れますので曲名だけを書いておきます。

A

1曲目「ヒルビリー・フラ」(Hillbilly Hula

2曲目「テネシー・スタッド」(Tennessee Stud

3曲目「イッツ・オーバー」(It’s Over

4曲目「ピッカウェイ」(Pickaway

5曲目「ローリング・フォッグ」(Rolling Fog

6曲目「ドブロ・アイランド」(Dobro Island

7曲目「トレイン45½」(Train 45½

B

1曲目「テイク・ミー」(Teake Me

2曲目「グリーンスリーヴス」(Greensleeves

3曲目「金の中の銀の道」(Silver Threads Among The Gold

4曲目「ロック・ボトム」(Rock Bottom

5曲目「ジャンボリー」(Jamboree

6曲目「朝日のあたる家」(House Of The Rising Sun

この中から1972年に「テネシー・スタッド」と「トレイン45½」がカップリングでシングル・リリース(Takoma SD-103)され、アルバム(Takoma D-1033)も同時期に発表されています。なおこのアルバムは「これまでにない最高のブルーグラス・インストゥルメンタル・アルバムのひとつ」と賞賛されました。


[PR]
by scoop8739 | 2018-02-26 08:38 | セルダム・シーン
<< 258 至高のサウンド(その12) 256 至高のサウンド(その10) >>