人気ブログランキング |

249 至高のサウンド(その3)

エマーソン&ウォルドロンの2ndアルバム『ブルーグラス・カントリー』と3rdアルバム『ブルーグラス・セッション』

a0038167_13374988.jpgこうして生まれた2枚目のアルバムが1970年にリリースされた『ブルーグラス・カントリー』(Bluegrass Country)でした。このアルバムから彼らの代表的なヒット曲が生まれます。それはイギリスのロック・バンド、マンフレッド・マン(Manfred Mann)によって歌われていた「フォックス・オン・ザ・ラン」(Fox On The Run)をブルーグラスにアレンジしたものでした。

このアルバムにも、カントリー・ジェントルメンを正式に辞め楽器修理を生業としていたジョン・ダフィーがセッションに参加し、マンドリンとヴォーカルでサポートしています。

1曲目の「プラウド・メアリー」(Proud Mary)はブルーグラス・プレイヤーとして初めてのレコーディングでした。この曲のマンドリンはビル・ポッフィンバーガーが弾いています。

マンドリンと言えば、A面4曲目「ミッドナイト・スペシャル」(Midnight Special)、同6曲目「良き日は過ぎて」(All The Good Times)B面3曲目「深い河」(Deep River)、同6曲目「21年間」(Twenty-One Years)のマンドリンはジョン・ダフィーが弾いています。またなんとA面3曲目「淋しい夜」(A Lonesome Night)のマンドリンはオゥルドリッヂが弾いているのですヨ。

もちろんオゥルドリッヂ本来のドブロではオリジナル曲としてA面2曲目「ランニング・サウス」(Runnin’ South)が収録されていますが、まだジョッシュ・グレイヴスのコピーからは脱しきれていません。彼の才能が開花するのはもう少し先のことです。

a0038167_11170772.jpgエマーソンとウォルドロンのバンドはとても人気となり次々とアルバムがリリースされます。早くも同じ1970年にリリースされたのが3枚目のアルバム『ブルーグラス・セッション』(Bluegrass Session)でした。全2作では数多くの曲でテナーを歌っていたエマーソンですが、このアルバムでは2曲しか歌っていません。つまり逆を言えばウォルドロンのソロが増えたということです。

特筆すべき曲はA面1曲目の「朝の雨」(Early Morning Rain)と、同6曲目の「ロダイ」(Lodi)でしょう。前者はフォーク・シンガーのゴードン・ライトフットの作、後者はロック・バンド、クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルの曲を上手くアレンジしています。またB面3曲目「スパニッシュ・グラス」(Spanish Grass)と同5曲目の「ローラの調べ」(Laura’s Tune)はオゥルドリッヂ作のインスト曲です。しかしまだこれらの曲で彼のスタイルは確立されてはいません。なお、このアルバムにもジョン・ダフィーがマンドリンとベース・ヴォーカルで参加しています。


by scoop8739 | 2018-01-29 13:45 | セルダム・シーン | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 250 至高のサウンド(その4) 248 至高のサウンド(その2) >>