人気ブログランキング |

203 ちょっと一服、1964年(昭和39年)の音楽事情

1964年というのは、我が国の音楽界にとってはとても重要な年でした。アジア初のオリンピックが東京で開催されることになり、世界各国の人々が来日し、日本国中から多くの人が上京してきます。そのためか「東京」をテーマにした歌が多く作られました。

たとえば、坂本九の「サヨナラ東京」、新川二朗の「東京の灯よいつまでも」、西田佐知子の「東京ブルース」、ザ・ピーナッツの「ウナ・セラ・ディ東京」などです。

もちろん歌謡曲はそれだけではありません。

橋幸夫の「恋をするなら」「ゼッケンNO.1スタートだ」「チェッ チェッ チェッ」、舟木一夫の「花咲く乙女たち」「君たちがいて僕がいた」、西郷輝彦の「君だけを」「十七才のこの胸に」「星空のあいつ」と、御三家を中心とした「青春歌謡」が花盛り、加えて弘田三枝子 の「私のベイビー」「ダンケ・シェーン」「恋と涙の17才」、田辺靖雄梓みちよのマイ・カップルが歌った「素敵な新学期」、ダニー飯田とパラダイスキング の「ワシントン広場の夜は更けて」などの洋楽カバー曲もまだまだ人気でした。

洋楽も負けてはいません。

ガス・バッカスの「恋はすばやく」、トロイ・ドナヒューの「恋のパームスプリンブス」、ジリオラ・チンクェッティーの「夢みる想い」、マット・モンローの「ロシアより愛をこめて」、アストロノーツの「太陽の彼方に」、ジョニー・ティロットソンの「ポエトリー」、キングストン・トリオの「花はどこへいった」、ボビー・ソロの「ほほにかかる涙」、ダイアン・リネイの「ネイビー・ブルー」などなど、カンツォーネあり、映画の主題歌あり、フォークあり、サーフィンありと百花繚乱の様相を呈していました。

a0038167_15032749.jpegそんな中、英国から黒船の如くやって来たのが「ビートルズ」でした。この年の2月に「抱きしめたい」で日本デビューを果たすやヒット曲を連発し、ティーンエイジャーを中心に人気が爆発していきます。

ちなみに、4月4日付けの米国『ビルボード』紙のシングル・チャートでは、1位~5位までの上位5曲のすべてがビートルズの曲で埋め尽くされたというのは有名な話です。その記念すべき5曲とは、1位「キャント・バイ・ミー・ラブ」(Can't Buy Me Love)2位「ツイスト・アンド・シャウト」(Twist And Shout)3位「シー・ラブズ・ユー」(She Loves You)4位「抱きしめたい」(I want To Hold Your Hand)5位「プリーズ・プリーズ・ミー」(Please Please Me)でした。

この年に中学生になった私は、洋楽好きの友達や実兄の影響でビートルズを始めとする洋楽にハマっていきます。人生初めて買ったレコードがビートルズの「抱きしめたい」で当時330円でした。あの頃、うどん屋さんでかけうどんが50円くらいだったので、今なら一杯500円としても、シングル盤がなんと3,000円オーバーもしたのです。たしかに中学1年生の私のひと月の小遣いが300円でしたので、そのくらいはしたのでしょう。一人で買うのは大変なので実兄と半分ずつ出し合ったのを覚えています。

また、この年の7月には彼らの初主演映画「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」A Hard Day's Nightが完成し、81日に松竹セントラルで日本初公開されています。この時、興奮した女性客がスクリーンに飛びついたり、破ったりしたことで、大いに新聞紙面を賑わせました。

当然ながら中学校では映画を観に行くことが禁止されていましたので、映画館に行くことができません。そんな私の思いを察してか、翌年4月の始業式の日、学校に秘密で実兄が私を街の名画座に誘ってくれました。そこで初めて「動くビートルズ」を観ることができたのです。

1964年というネットもなく、情報も貧困だった時代に、田舎の中坊の「ビートルズ・マニア」の私が、後に「カントリー・ジェントルメン・マニア」になるにはまだまだ時間と情報と出会いが必要でした。

by scoop8739 | 2017-07-29 15:01 | ブレイク・タイム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 204 時系列で聴くカントリー... 202 時系列で聴くカントリー... >>