人気ブログランキング |

115 ブルーグラスの中のビートルズ (8)

アイ・ウィル (I Will)

この曲はアルバム「ザ・ビートルズ(通称ホワイト・アルバム)」に収録されていますが、ポールが後に結婚することとなるリンダを想って作ったものです。彼は生ギターを弾きながら歌い、バックでリンゴがシンバルとマラカスを、そしてジョンが木片でビートを刻んでいます。期待感を持たせる歌詞には、録音した翌週にアメリカからやってくるリンダとその娘を待ちわびる彼の想いが現れています。

a0038167_9222055.jpgこの曲のイメージを損なうことなくブルーグラス・アレンジしたのが、今やブルーグラス界きっての女性ボーカリストに成長したアリソン・クラウスでした。ロブ・アイクスの弾くドブロのイントロに続いて、シンプルなメロディック・スタイルのバンジョー(トニー・ファータード)でワン・コーラス演奏され、いよいよアリソンの登場となります。

彼女の声はこの曲の持つデリケートな表現にぴったりです。また隠し味のようにスティール・ドラムやパーカッションが曲に色彩を持たせてくれます。いずれにしても、アリソンの持ち味を充分に生かしオリジナルを越えた仕上がりとなっています。なおこの曲は、1995年に200万枚を売上げ、4つの賞をさらった彼女の記念すべきアルバム「Now That I've Found You」に収録されています。

人気blogランキングへ
by scoop8739 | 2005-07-30 09:21 | ビートルズ・ソング | Comments(3)
Commented by 俊(とし) at 2005-07-30 15:27 x
初めてコメントします.このブログでブルーグラスを勉強させてもらっている中年オヤジです.このアルバムは,私が Alison に傾倒するきっかけとなった記念すべきアルバムです."I will" はとてもよい曲ですね.それ以外にも素晴らしい曲が多く詰まっており,まさに彼女の出世作でしょう.
Commented by ボン 大塚 at 2005-07-30 15:29 x
いやあ、どうも。ヤフーの新着情報掲載なると、私もですが、
千客万来のようで、ルーツ音楽好きのひとりとして、ブルーグラスや
トラッド・フォークにも日が当たるのは喜ばしいことです。そして
昨日段ボールを開けると、このジャケ写のアリソン・クラウスは
I’ve got that old feeling,ギリアン・ウェルチはRevival,
他にもグランパ・ジョーンズ、ジミー・マーティン、ピーター・ローワン、
ジョン・ハートフォード、オールド&インザウェイ、ミュールスキナー、
B・B・リユ二オン、N・G・R、N・B・B、E・C・B・Bなんてところが
出てきました。今のようなジャンル分けがない時代、輸入カセット
ばかり、何でもエイヤーの気合買いしたものですが、けっこう
無節操にブルーグラス、トラッド・フォーク、ザディコ、ケイジャン
などを買っていたようで、残っておりました。ただし個々の
アーティストの基礎資料的な知識はないので、自分とこの
ブログのキューバ音楽一口メモのようには記録として残せず
で、少し残念といった感じでしょうか。またゆっくり最初から
順に後追い勉強で読ませてもらいます。
Commented by scoop8739 at 2005-07-30 16:37
俊さん、いらっしゃい!
アリソンの鈴の音のような歌声に聞き惚れてしまいますが、演奏の方もなかなかのものですね。サイドメンがしっかりしていると安心して聴くことができます。さすがに4つの賞をとったアルバムですね。

ボン大塚さま、またまたいらっしゃい!
ヤフーの新着情報の威力、すごいものですね。昨日から異常なまでのアクセスでビックリしています。
ところで、ボンさんのブログを拝見致しました。イャ〜〜なかなかのものではありませんか!? キューバ音楽をあれだけ深く愛し、掘り下げて研究しているのには、これまたビックリしました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 116 ブルーグラスの中のビー... 114 ブルーグラスの中のビー... >>