人気ブログランキング |

99 ミッドナイト・フライヤー

(Midnight Flyer)

ブルーグラスやカントリーには汽車をモチーフにした曲が数多くあります。開拓時代の象徴なのでしょうか、カントリー・ロックの時代となっても有名なところではドゥービー・ブラザースの「ロング・トレイン・ランニング」なんかがありますね。ブルース・ハープやギターのシャッフルを使って汽車の躍動感を表していますが、蒸気機関車の出す音には洋の東西を問わず感情移入を促す何かがあるのでしょう。今回の曲はそんな夜汽車を歌ったもので、あのイーグルスがたっぷりとブルーグラスしている曲「ミッドナイト・フライヤー」です。

a0038167_2013473.jpg1972年にデビューしたイーグルスは、一般的にはL.A.のカントリー・ロック・バンドとして受け入れられていますが、そのキャラクターを決定的にしたのがバーニー・レドンの存在でした。彼はL.A.のカントリー・ロック人脈図の頂点にあたるスコッツヴィル・スクワィエル・バーカーズからキャリアがスタートし、ハーツ&フラワーズ、ディラード&クラーク、そしてフライング・ブリトゥ・ブラザースと渡り歩いた後、イーグルス結成当時にはもっとも名の知られた存在でした。つまりバーニーの存在こそが彼らをL.A.カントリー・ロックの「血統書」付きのバンドとしてファンにアピールすることができたのでした。バーニーのバンジョーをフィーチャーした軽快なカントリー・ロック仕立てのこの曲は、イーグルスの3枚目のアルバム「オン・ザ・ボーダー」に収録されています。
Eagles / On The Border (Asylum)

この曲の作者として知られるのは、セルダム・シーンやリンダ・ロンシュタットに曲提供しているポール・クラフトです。イーグルスの演奏では、テンポを早くしてサビの部分の「ウー」を汽笛(警笛)のようにコーラスでアレンジしていますが、ポールは1人で歌っているからでしょうか、その雰囲気は意識していますがテンポを少し落として歌っています。
Paul Craft / Brother Jukebox (Strictly Country)

ボビーとソニーのオズボーン兄弟とマック・ワイズマンというブルーグラス界の大ベテランがガップリ四つに組み、さらにバディ・スパイカーのフィドルが加わって作られた1970年代後半の秀作アルバムが「エッセンシャル・アルバム」です。油の乗切った時期のマックとボビーの歌の巧さを、ソニーとバディが音楽面で見事に支え、2人にはピッタリのスタンダードな有名曲を中心に落ち着いた、しかもハイ・レベルのブルーグラス音楽が堪能できます。ここにもこの曲が収録されています。イーグルスとはひと味違った、いかにもブルーグラスらしい「ミッドナイト・フライヤー」が聴かれます。
Osborne Brothers & Mac Wiseman / Essential Bluegrass (CMH)

人気blogランキングへ
by scoop8739 | 2005-05-26 20:03 | 不朽の名曲 | Comments(8)
Commented by burritos at 2005-06-28 01:15 x
BERNIE LEADONは最も好きなミュージシャンで、Midnight Flyerは私にとって忘れられない大事な1曲です。ある時オープンCチューニングだと気がついて当時のバンドでとにかくしつこくやりました。しかしとうとう人前で披露するまでにいかなかった、という苦い想い出の曲です。理由はボーカル!これにつきます。歌うメンバーがどうやってもランディマイズナーのあの高い声が出なかったのでした。いまだにやりたいけどできない曲です。何年か前POCOが再結成して来日した事がありますね。リッチーフューレイは来なくて、でもランディがオリジナルメンバーとして来たんです!前座?がバーニーリードンでソロで弾き語り、EAGLES時代のBITTER CREEKと渋めのアコースティックナンバーをやっていたんですが、POCOのエンディングでこのミッドナイトフライヤ−をやってくれたんです!!リードはランディ。なんとバンジョーはバーニーで!!EAGLESじゃないの!!って、(当時イーグルスは解散してましたから)夢のようでした。大好きな曲を目の前で見られる、なんという幸せ!でした。前まで走って見に行ったのを覚えています。BERNIE LEADONについてはどこかでまた書かせていただきます。
Commented by Dr.SCOOP at 2005-06-28 20:36 x
私の手元にイーグルスの73年のライヴ・ビデオがありますが、バーニー・レドンがバンジョーを弾いて「RANDY LYNN RAG」を弾いたり、またボクの大好きな曲「今朝経つ汽車」を演奏しています。
そんなバーニーは、イーグルス脱退後に新しいグループ「THE BERNIE LEADON / MICHAEL GEORGIADES BAND」でデビュー・アルバム「NATURAL PROGRESSONS」を発表します。
このアルバムはイーグルス初期のアルバムのプロデューサーでもあったグリン・ジョーンズがプロデュースを担当しています。サウンドはボクが期待していたものと違って、都会的なウエスト・コースト風ソフト・ロックに仕上がっています。
その後バーニーは、クリス・ヒルマンのアルバムで数多く顔を出しますが、以来27年振りに発表したアルバムが「MIRROR」でした。これは意外にも彼の初めてのソロ・アルバムでした。プロデュースはブライアン・アダムスを手がけたイーサン・ジョーンズで、新しさの中にも懐かしいウエスト・コースト・サウンドを感じさせてくれます。
Commented by burritos at 2005-07-03 02:44 x
73年のライブだとDON KERSHNERS ROCK CONCERTというライブ物しか見た事がありません。ここではすでにドンフェルダーがマンドリンやALREADY GONEでお得意のレスポールを聞かせています。バーニ−はミッドナイトと21でバンジョーを弾いていてブルーグラスタイムはカット?されています。ランデイリンラグ・・とても見たいです。他にもBGナンバーをやっているのですか?今朝発つ列車はマッギンクラーク&ヒルマンが来日した時ジーンクラークがMY FRIENDと作った・・と生でみました。バーニーは脱退後ニッティとの付合いが多かったようですね。RUN-C&Wでのアルバムも非ブルーグラスのバンジョーを聞かせてくれて、腕達者ぶりを披露してくれました。最近になってソロを出した理由はよくわかりませんが・・もちろん買いましたけど。やっぱり私は21やアーリーバードが好きですね。
Commented by scoop8739 at 2005-07-04 22:50
「RANDY LYNN RAG」は、「早起き鳥」に続いて(メドレーのように)演奏されています。ここではグレン・フライがスライド・ギター風にリードをとってくれます。この曲以外ではブルーグラスを演奏していません。
ラスト・ソングの「TAKE IT EASY」は、グレン、ランディ、バーニーの3人のアカペラ・コーラスで始まります。これがまたカッコいい!んです。
Commented by burritos at 2005-07-05 02:18 x
それはぜひ見てみたいです。私の知っているのはBBCのライブでEarlybirdからSTEEL GUITER RAGへと続くものです。ここではバーニーがリーダー的にイニシャチブを取っているようです。みんな言う事を聞いておとなしい感じです。メンバーは4人ですか?take it easyの頭のコーラスかっこいいですね。My Daddy Was ・・・と聞こえるのですが聞き取れません。
Commented by Dr.SCOOP at 2005-07-05 20:13 x
まずい!
「RANDY LYNN RAG」ではなく「STEEL GUITER RAG」でした。
タイトルを信じすぎていました。これはまぎれもなく「73年のBBCのライブ」でした。失礼しました、じゃんじゃん!
Commented by Jordan at 2007-04-05 02:55 x
nice site. for more information you can check this one http://www.vsbot.com
Commented by Guinness at 2007-08-09 14:34 x
Bernie LeadonのいないEaglesなんてのクチでした。1976年の日本でのEagles初来日時には、彼が既に脱退していたのも知らず、日本武道館で、アレレ、なぜJoe Walshがと呆然自失でした。
やはり、カントリー、ブルーグラス、アコースティックでそれでいて、しっかりロックもできるBernieがいたからこそのEaglesでした。Midnight Flyerでもたっぷりと彼の達者なバンジョープレイが見られますね。大好きな曲です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 100 フェアウェル・ブルース 98 エルサレム・リッジ >>