人気ブログランキング |

84 おじいさんの古時計

(Grandfather’s Clock)

1961年に正式にカントリー・ジェントルメンに加入したトム・グレイは、ブルーグラス界にフォー・ビートを持ち込みました。フォー・ビートを刻むベーシストとしては、彼以前にもセドリック・レインウォーターやジョージ・シャフラーといった人がいましたが、彼のそれは他の楽器ともよりマッチして、ブルーグラスをさらにダイナミックなものにしました。彼のベースにインスパイアされて、ジェントルメンはいろいろな曲を作り録音しています。

a0038167_17233956.jpg我が国では平井堅の歌でも有名になった「おじいさんの古時計」を、トムはカントリー・ジェントルメン時代からライヴの持ちネタとしています。彼らのフォークウェイズ第3作にして最初のライヴ・アルバム「オン・ザ・ロード」では、62年4月のアンティオーク・カレッジ編でこの曲が演奏されています。エディ・アドコックのパリパリしたバンジョーのブレイクに続いて、トムがベース・ソロを披露します。続くジョン・ダフィーのマンドリンのブレイクの後に、今度はスラッピングでベース・ソロをとります。
The Country Gentlemen / On The Road (And More) (Smithsonian Folkways)

トムはセルダム・シーンのライヴでも持ちネタを披露します。ジョン・ダフィーの巧妙なMCでこの曲に入っていきます。ジョン・スターリングが「トム、間違うなよ」と言った矢先に、イントロでバンジョーのベン・エルドリッジが間違ってみせるという軽いジョークが楽しいですね。それにしてもジェントルメンといい、シーンといい、トムの卓越したテクニックと安定したリズムがそれぞれのモダン・サウンド作りの大きなファクターとなっているのがよくわかります。
Seldom Scene / Recorded Live At The Cellar Door (Rebel)

この曲はトム・グレイのベース・ソロの印象が強いせいか、他に演奏している人は多くありません。そんな中、アラン・マンデが「フェスティバル・フェイヴァリッツ」シリーズの第2集でこの曲を取り上げています。間奏でのローランド・ホワイトのマンドリンが独特のいい味を出しています。
Alan Munde / Festival Favorites Volume 2 (Ridge Runner) (CD化されていません)

ベテラン・シンガーのマック・ワイズマンも古いカントリー・ソングを20曲揃えたアルバムでこの曲を歌っています。
Mac Wiseman / 20 Old-Time Favorites (Rural Rhythm)

人気blogランキングへ
by scoop8739 | 2005-04-10 17:24 | 不朽の名曲 | Comments(7)
Commented by twin_lens at 2005-04-10 23:44
マーキュリー時代のスタンレー・ブラザースを聞くとバースがフォー・ビートですね。でもベースランニングにちょっと違和感を感じます。カントリー・ジェントルマンはデビューアルバムでベースのソロがあったりして流石ですネ。
Commented by scoop8739 at 2005-04-12 14:13
twin_lensさん、いらっしゃい
マーキュリー時代のスタンレーズのベーシストはたしかジョージ・シャフラーではなかったでしょうか? 彼の場合、どの曲にも随所に聴くことができますが、リード・ギターと聴き間違えるようなハイ・ポジションの使用があげられますね。
twin_lensさんが、「ジェントルメンのデビュー・アルバム」という表現をされていますが、それは1963年の本邦デビュー・アルバム「ベスト・オブ・カントリー・ジェントルメン」のことでしょうか? 原題が「FOLK SESSION INSIDE」という名盤のことですね。これはトム・グレイ自身も語っていますが、最高のプレイができたアルバムなのだそうです。
Commented by twin_lens at 2005-04-12 15:05
ええと、1960年にフォークウェイズからリリースされた "Coutry songs, Old and New" (FA2409)です。録音はマイク・シーガーで、ジャケット写真はジョン・コーエンが担当しています。

PS)リンクさせていただきます。
Commented by scoop8739 at 2005-04-12 17:22
「Coutry songs, Old and New」のベーシストは、公称ではジム・コックスとなっていますが、どうも中に数曲、トム・グレイの弾いているものがあるみたいですね。4曲目「Weeping Willow」、11曲目「Honky Tonk Rag」あたりがあやしいのですが…。
カントリー・ジェントルメン研究では小川さんという方が詳しいのですが、もしこのブログをご覧でしたらお答え願えませんか?
Commented by twin_lens at 2005-04-12 19:48
失礼しました、カントリー・ジェントルマンの最初の録音は1957年10月で、レーベルはDIXIE。続いて12月のSTRDAY盤で日の目を見たようです。穴があったら入りたい…。
Commented by scoop8739 at 2005-04-12 20:17
twin_lensさんへ
いえいえ何をおっしゃるやら…。
私と小川氏とで調べ合った結果ですが、ジェントルメンのレコード・デビューは確かに書き込まれている通り、DIXIE(これは彼らのプライベート・レーベルのようです)での「GOING TO THE RACES/ HEAVENWARD BOUND」でした。録音は1957年9月となっています。
この年の12月より、STARDAYにて正式録音を開始しています。これは近年CDリリースされた「HIGH LONESOME」(STARDAY)で聴かれます。
Commented by Jordan at 2007-04-05 02:59 x
nice site. for more information you can check this one http://www.vsbot.com
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 85 シンク・オブ・ホワット・... 83 アッシズ・オブ・ラヴ >>