16 オズボーン・ブラザーズの果敢なる挑戦

a0038167_104227.jpg兄ボブと6歳違いの弟ソニーは、ケンタッキー州東部のハイドン郊外で音楽好きの父親のもとに生まれました。そして彼らの音楽キャリアのスタートは、第二次大戦後まもなく一家が移り住んだオハイオ州デイトンで始まります。

まず兄ボブがテキサス・ホンキー・トンク・スタイルのカントリー・シンガー、アーネスト・タブに憧れてエレキ・ギターを始めます。やがてビル・モンローを知ることによってブルーグラス音楽に急接近し、そしてバンジョー奏者のラリー・リチャードソンと出逢ってから、二人してロンサム・パイン・フィドラーズに加入したのです。

一方弟のソニーは、ラリーからバンジョーの弾き方を教わり、一日に睡眠時間がたったの2時間と言うほど練習に励む典型的なバンジョー狂いとなってしまいます。そして14歳の夏休み、ブルーグラスの虜となってしまったソニーは、休みを利用して兄のいるロンサム・パイン・フィドラーズのもとで練習を励みプロの道を目指します。

この1951年にはオズボーン兄弟はどういう縁なのか、ビル・モンローのブルー・グラス・ボーイズを休暇中だったジミー・マーチンと一緒にレコーディングを行っています。この後、兄ボブは徴兵により朝鮮戦争に出兵しますが、弟ソニーはというと、ジミーの誘いによって憧れだったブルー・グラス・ボーイズのバンジョー奏者に大抜擢されます。ソニーが14歳の時でした。

1953年8月に兄ボブが除隊すると弟ソニーもブルー・グラス・ボーイズを辞め、いよいよオズボーン・ブラザーズがスタートします。最初の録音はゲートウェイ・レコードでしたが、同じ頃、ブルー・グラス・ボーイズを辞めたジミー・マーチンが合流し、「ジミー・マーチン・アンド・オズボーン・ブラザーズ」と名を改め、今度はビクターでレコーディングを行います。

55年8月にオズボーン兄弟とジミーは分裂し、続いてレッド・アレンがブラザーズに合流、56年3月にはこのトリオでゲイトウェイにて最後の録音を行います。同年、メジャーのレコード会社MGMとの契約に成功し、それからは続々とヒット曲を連発してブルーグラス界を上り詰めていきます。

手始めに彼らはトリオによるコーラスに力を入れ、「ワンス・モア」という曲でオリジナリティあふれたコーラス、サウンドを作り出します。それからの彼らのトレードマークとなるこのスタイルは、ボブによるテナー・リード・ボーカルというものでした。それまでのボブはビル・モンローに代表されるように、ヴァースの部分でリードを取っていてもコーラス・パートでは突如テナー・シンギングに声質をかえていました。ところがこの曲ではコーラスに入ってもリードを歌い続けたのです。それも1オクターブ高い声でした。これによってバリトンを受け持っていたソニーがハーモニーではミドル・パートを受け持ち、レッドが最も低いパートを歌うことになり、ボブのボーカルが以前にも増して脚光を浴びることとなったのです。

オズボーン・ブラザーズ初期の作品はなかなか手に入りにくいのですが、次に挙げるボックス・セットで全てを網羅できます。ここには初めてボブがテナー・リード・シンギングを試みた「ワンス・モア」をはじめ、数々のオリジナル・ヒットを聴くことができます。

1956-68 (BOX SET)(Bear Family)
ディスク: 1
1. Who Done It?
2. Ruby Are You Mad?
3. My Aching Heart
4. Teardrops In My Eyes
5. Wild Mountain Honey
6. Down In The Willow Garden
7. Ho, Honey, Ho
8. Della Mae
9. She's No Angel
10. (Is This) My Destiny
11. Once More
12. Two Lonely Hearts
13. Lost Highway
14. Love Pains
15. It Hurts To Know
16. If You Don't, Somebody Else Will
17. Give This Message To Your Heart
18. You'll Never Know (How Much It Hurts)
19. I Love You Only
20. It's Just The Idea
21. Lonely, Lonely Me
22. Sweethearts Again
23. Blame Me
24. There's A Woman Behind Every Man
25. Fair And Tender Ladies
26. Each Season Changes You
27. The Black Sheep Returned To The Fold
28. At The First Fall Of Snow
29. Old Hickory
30. Old Joe Clark
ほかDISC4枚全114曲
(次回につづく)

人気blogランキングへ
[PR]
# by scoop8739 | 2004-08-11 10:05 | ブルーグラスの歴史