241 カントリー・ガゼットの音楽歴 (その4)

a0038167_12265230.jpg続いてデイヴ・ファーガソンのソロ・アルバム「虹の彼方に(Somewhere Over The Rainbow)」がリリースされました。アラン・マンデ、ローランド・ホワイト、ロジャー・ブッシュがサポートし、アルバムには多くの伝統的な曲と、ポール・サイモンの曲やステファン・グラッペッリの「ホーボー・ブルース(Hobo Blues)」、ボブ・ウィルズの「色あせし恋(Faded Love)」などが含まれています。このアルバムのゲスト・プレイヤーはジョー・カー(Joe Carr、ギター、1978年からカントリー・ガゼットの正式メンバーとなります)、ダン・ハッカービー(Dan Huckabee、ドブロ)、スティーブン・ブルトン(Stephen Bruton、ギター)、グレッグ・ファーガソン(Greg Ferguson、ギター)が参加しています。

a0038167_12270896.jpgまた、ローランド・ホワイトは1976年にアラン、ロジャー、ケニー・ワーツ、デイヴ・ファーガソンの全員と「ロックン・ロールに生まれたわけじゃない(I Was’t Born To Rock’n Roll)」」をリリースします。このアルバムにはローランドとクラレンスによって書かれた曲「パウダー・クリーク(Powder Creek)」が収録されています。

1976年、カントリー・ガゼットは再びオランダを訪問し、アルバム「アウト・トゥ・ランチ」を宣伝しました。ロジャー・ブッシュはオランダでの滞在中、金曜日の夕方にウィム・ブルメンダール(Wim Bloemendaal)のVARAラジオ番組「ナッシュビル」でこのアルバムについて語っています。アルバムの新曲の一部とケンタッキー・カーネルズの歌とロジャー・ブッシュのセッション・ワークが演奏されました。

1976419日に彼らは、ジョン・ハートフォード、ディラーズ、ダグ・ディラード、リック・ネルソン&ザ・ストーン・キャニオン・バンド、オザーク・マウンテン・デアデビルズなどと共演しています。

また1976514日にはスウェーデンを訪れ、フォルスバッカというところでショーを行っています。

a0038167_12274505.jpg19765月に録音されたダン・ハッカビーのアルバム「なぜこの男は笑っているんだ?(Why Is This Man Smiling)」にはアラン、ローランド、デイヴ、ロジャーのガゼットのメンバーがサポートしています。アルバムにはバイロンやアラン・マンデの書いたガゼットの曲や、ジョー・カー、マール・トラヴィス、ボブ・ウィルスの曲などが収録されています。なお、このアルバムにはゲスト・ミュージシャンがほんの少ししかいなく、ガゼットのライブも含まれているため、実際のところカントリー・ガゼット名義でリリースしても良かったのではないかと思われます。

a0038167_12280636.jpgこれらのソロ・アルバムはすべて、スリム・リッチー(Mike "Slim" Riche)のリッジ・ランナー・レーベルでリリースされました。スリム・リッチーはノーマンというところに音楽店を持っているジャズ・ギタリストです。彼は質の高いブルーグラスを録音することを目標に、1975年にこのレーベルを設立しています。彼はまたカントリー・ガゼットのアルバムと、メンバーそれぞれのソロ・アルバムのいくつかを作っています。スリム自身も、メンバーのアランや、ジョー・カー、ダン・ハッカビーに加え、リッキー・スキャッグス、サム・ブッシュ、ビル・キース、リチャード・グリーンの協力でソロ・アルバム「ジャズ・グラス(Jazz Grass)」をリリースしています。

[PR]
# by scoop8739 | 2017-12-14 12:29 | カントリー・ガゼット