<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

143 クリスマス・ソングをブルーグラスで (8)

山の上で告げよ (Go Tell It On The Mountain)

ピーター・ポール&マリー(PP&M)がアメリカでデビューしたのは1962年のことでした。その当時のボクはまだ小学校6年生で、ビートルズで初めてポップスを知り、以来、中学生から高校生になるまでは、イギリスのポップスやロック、ビーチ・ボーイズやモータウンやアトランティックなどアメリカのポップスやソウル・ミュージック、さらには日本の歌謡曲やポップスなど、それはそれは雑多な聴き方をしていて、PP&Mをじっくり聴くということはありませんでした。

a0038167_2153724.jpg後年、友人に勧められてPP&Mのサード・アルバム「イン・ザ・ウインド」を買ったところ、やっと、というか、遅まきながら彼らのハーモニーの素晴らしさに感動したものでした。さて、このアルバムの中にゴスペル・ソング「山の上で告げよ」(Tell it on the mountain)がありました。歌の内容は、「ジーザス・クライストが生まれたその喜びを、山の上から世界に告げよう!」というもので、もともとアフリカ・アメリカの黒人霊歌として伝わる歌なのだそうです。

PP&Mの歌っているヴァージョンは、オリジナルのストーリーを大きくアレンジして、キリストの誕生を、モーゼに率いられたイスラエル人のエジプト脱出に変えています(Man Come Into Egyptと同じストーリー)。イスラエル人とは、つまりユダヤ人のことですが、それは、ピーター自身がユダヤ人だからそうしたのかなと思っていたのですが、その翌年(1963年)、サイモンとガーファンクル(S&G)がアルバム「水曜の朝、午前3時」の中で、この曲を原文のまま、すなわちキリストの誕生を祝った歌としてレコーディングしています。ちなみにポール・サイモンもユダヤ人なのです。

どうしてPP&Mは内容を変え、S&Gはそのまま歌ったのかな?と、単純な疑問があったのですが、キリストが神の子であることを認めないユダヤ教の信者にとっては、歌手だからといってキリストに関する歌を作ったり歌ったりすることに抵抗はないのかなぁと思う訳です。一人のユダヤ人は歌は芸術であり、宗教に縛られることはないというのです。しかし、芸術とは自分の思想を表現するものであるはずで、どうしてポール・サイモンがキリスト誕生の歌をあえてレコーディングしたのか、まだ納得がいかないボクなのです。

a0038167_21504654.jpgというところで、この曲をブルーグラス・アーティストのティム・オブライエンも歌っています。ユニット・バンド「ニューグランジ」のクリスマス・アルバム「ア・クリスマス・ヘリテージ」(A Christmas Heritage)の中で、フィリップ・アアバーグのピアノ、ダロル・アンガーのヴァイオリン、アリソン・ブラウンのバンジョー、マイク・マーシャルのギター、トッド・フィリップスのベースという超豪華メンバーを従えて、マンドリンを弾きながら滔々と歌います。とてもゴスペルとは思えないジャージーなアレンジでオシャレな曲に仕上がっています。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-11-30 21:54 | クリスマス・ソング

142 クリスマス・ソングをブルーグラスで (7)

赤鼻のトナカイ (Rudolph The Red Nosed Reindeer)

a0038167_933720.jpgオールディーズ・ファンにはお馴染みの曲、「可愛いベイビー」や「ルイジアナ・ママ」など60年代のアメリカン・ポップスを漣健児(さざなみ・けんじ)のペンネームで訳詞し、ヒットさせたのが草野昌一さんでした。草野さんは父親が創業した新興音楽出版社に入社後、同社が出版する雑誌「ミュージック・ライフ」の編集長に就任します。その傍ら、昭和35年に故坂本九さんのデビュー曲「ステキなタイミング」を訳詞したのを手始めに、「ヴァケーション」などアメリカン・ポップスを翻訳して日本人歌手にカバーさせ、“洋楽普及の父”と呼ばれました。

草野さんの訳詞した曲は400曲を超え、その功績が認められて平成10年に日本レコード大賞功労賞を受賞、翌11年には藍綬褒章を受章しています。プロダクション経営でもチューリップやあべ静江、プリンセス・プリンセスらを世に送り出しています。

その漣健児訳詞のポピュラーなクリスマス・ソングが「赤鼻のトナカイ」です。ところで、この曲の「♪真っ赤なお鼻の〜」という歌詞の中にとても気になる表現があります。それは、サンタのおじさんが笑いものにされているトナカイを、「♪暗い夜道はピカピカのお前の鼻が役に立つのさ〜」と慰めている有名な部分です。

皆さんもご存じの通り、サンタ氏がクリスマス・イブの夜に子供たちにプレゼントを配るために使用しているのは、トナカイが引いている(空飛ぶ)そりです。元々の伝説ではトナカイ8頭だてでそりを引いているようですが、後世になってから「ルドルフ」という名の赤鼻のトナカイがトナカイたちの先頭に加わり、その光る鼻で霧の夜を照らしつつ夜空を駆ける、という物語が創作されたようです。

ところが、仮にサンタ氏が夜間、赤鼻のトナカイの「赤鼻」による明るさのみに頼り、日本国中を前照灯もつけないでそりを走行させた場合、道路交通法上、間違いなく1万円以上5万円以下の罰金に処せられる可能性があります。みんなの夢を担うサンタさんが犯罪者となることのないよう、サンタ氏にはぜひとも前照灯を装備したそりで子どもたちの家々をまわってほしいものです。

a0038167_20331831.jpg冗談はさておき、この曲のオリジナルは世界でもっとも有名な歌うカウボーイ、ジーン・オートリーでした。なお漣健児訳詞のこの曲を1961年に我が国で初めてレコーディングしたのは坂本九とパラダイス・キングでした。以来、我が国でもっともポピュラーな歌詞はこれとなりました。ところで、ブルーグラスの世界でこの曲を歌っているのはリン・モリスです。彼女はシティ・リミッツ・バンドを皮切りに、タイミングのいいバンジョーを弾くプレイヤーです。また同時に彼女はシンガー・ソングライターであり、今やアリソン・クラウスに並ぶ女性バンド・リーダーでもあります。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-11-29 20:38 | クリスマス・ソング

141 クリスマス・ソングをブルーグラスで (6)

ブルー・クリスマス (Blue Christmas)

クリスマス・シーズンとなると、街のあちこちにクリスマス・ツリーやリース、イルミネーションが飾られ、すっかり日本の年中行事となってしまいました。そういえば、クリスマスほど色が深く結びついているイベントは他にはないのではないでしょうか。クリスマスの色といえば、何といっても赤と緑でしょう。諸説いろいろあるようですが、赤と緑には次のような意味があるといわれています。

a0038167_22304186.gif赤は柊の実やポインセチアの色です。クリスマス・ツリーやリースには,必ずといっていいほど赤いオーナメントが飾られています。サンタクロースの衣装も赤です。また赤はキリストの血に見立てられています。さらに、太陽の炎と生命力を意味することもあるようです。

緑はクリスマス・ツリーやリースで使われる葉の色です。つまり常緑樹が永遠の生命の象徴とされていることによるものです。クリスマス・リースの緑色は農作物の成長を表すという説もあるほどです。

クリスマスの赤と緑はほぼ補色の関係にあるので、クリスマス・ツリーに飾られた赤いオーナメントは鮮やかさが増して見えます。二色を組み合わせると主張力が増大し、どちらか一方の色では物足りなさを感じます。この二色が街のあちこちで登場することで、日頃は雑然としていても連続性が感じられるのです。まさにテーマ・カラーと言えるでしょう。最近のクリスマス・ツリーは宝石箱のようにカラフルです。その中でも、赤と緑が全体を引き締めているようです。

さて、今回取り上げた曲は、「ブルー・クリスマス」です。この曲は、ビーリー・ヘイズが作詞し、ジェイ・ジョンソンが作曲した曲ですが、1949年にラス・モーガンがヒットさせ、1957年にエルビス・プレスリーが取り上げ大ヒットしました。その歌詞は、「君のいないと寂しいクリスマスになりそうだ。君を想うととても悲しくなる。クリスマス・ツリーの赤や緑の飾りも何の意味もない。君がここにいなければ」と、別れた恋人を想って一人寂しく過ごすクリスマスを歌ったものです。余談ながら「ブルー・クリスマス」というタイトルでありながら、ここでもクリスマス・カラーの赤と緑が歌われます。

a0038167_227866.jpgブルーグラスの世界では、この曲をラリー・スパークスがカーター・スタンレーばりの美声で歌っています。この曲は彼のクリスマス・アルバム「Christmas in the Hills」に収録されています。またデル・マッカリーもアルバム「Christmas on the Mountain: A Bluegrass Christmas」の中でハイロンサムに歌います。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-11-28 22:11 | クリスマス・ソング

140 クリスマス・ソングをブルーグラスで (5)

きよしこの夜 (Silent Night)

シンガーズ・アンリミテッドという、とてつもなく上手いコーラス・グループがいます。彼らはジーン・ピュアリングという人をリーダーとする男性三人、女性一人の四人組で、1967年にアメリカで結成されています。ジャンルで言うとジャズなのでしょうが、彼らの音楽はもっとはるかに広く深いように思われます。基本的にはアカペラ・コーラス・グループなのですが、多重録音によってメンバーの声をさらに重ね、四人とは思えないほどの厚く深い音像を作り上げているのも特徴的です。

a0038167_21302652.jpgそのシンガーズ・アンリミテッドが1972年に「クリスマス」という、とても単純なタイトルのクリスマス・アルバムをリリースしています。収録されている楽曲はトラディッショナル・ソングや賛美歌を中心とした古い時代に作られた楽曲ばかりです。しかし彼らの手にかかると、それらの曲は見事に生き返ったように瑞々しく聞こえるのです。アカペラ・コーラスであるから音像そのものはシンプルなのですが、人間の肉声というものがここまで表現力豊かに音楽的感動を呼び起こせるものなのかと驚いてしまいます。

アカペラは今でこそニグロ系音楽のもののようですが、もともとイタリア語で、そのスタイルは教会音楽の無伴奏コーラスに端を発しているらしいのです。その意味でも、このシンガーズ・アンリミテッドによるクリスマス・アルバムはまさに「正統派」とも言えるものかもしれません。もちろんこの曲「きよしこの夜」も収録されていて、彼らのアカペラの素晴らしさをまざまざと聴かせてくれます。

この曲は、有名なクリスマス・キャロルのひとつで、原詞の“Stille Nacht”は、ヨゼフ・モーアによってドイツ語で書かれ、フランツ・クサーヴァー・グルーバーによって作曲されました。そして世界中の300を超える言語に訳されたと言われていますが、もとはと言うと、1818年12月25日にオーストリアのオーベルンドルフの聖ニコラウス教会で初演されたものだそうです。

a0038167_21282443.jpgブルーグラスではセルダム・シーンによって歌われました。ギターとドブロの演奏をバックにブルーグラス独特のコーラスが聴きものです。たぶんこれもアルバム「Sugar Plums: Holiday Treats from Sugar Hill」のために録音されたものでしょう。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-11-26 21:28 | クリスマス・ソング

139 クリスマス・ソングをブルーグラスで (4)

ジングル・ベル (Jingle Bell)

いよいよクリスマスまで1ヶ月となりました。今年も女房殿が気合を入れて、我が家の玄関先アプローチには電照が賑やかに点滅し、ご近所の方々の夜の散歩コースとなっています。さて、クリスマス特集を組んでしまいましたので、毎日のようにクリスマス・ソングを聴き続けています。それにしてもクリスマス・ソングは名曲ぞろいなのにビックリしていまいます。

1857年にボストンの音楽家J.S.ピアポントが日曜学校の生徒のために作った古い歌が「ジングル・ベル」です。その時代のボストンでは冬になると一頭立ての馬そり競争が盛んに行われ、ウィンター・スポーツを兼ねた人々の楽しみとなっていましたが、この歌はそうした情景がヒントになって生まれた曲で、当初はクリスマスとは関係ないものでした。

クリスマス・ソングとしてのこの曲の日本語歌詞は、「ジングルベル ジングルベル 鈴が鳴る」の後に、お馴染みの 「今日は楽しいクリスマス、ヘイィ!」と歌う方が多いことと思われます。これはクリスマス・ソングとして定着した後、誰ともなくこのように歌ったのが、その歌いやすさとノリのよさから定着してきたものと思われます。いわば替え歌ですね。

最後に余談ですが、サンタのソリをひっぱるトナカイはメスだということを知ってましたか? トナカイはオスにもメスにも同様に立派な角があります。しかしクリスマスの時期、オスのトナカイには角がないのだそうです。強さの象徴とカッコよさのアピールのために必要だったオスの角は、秋にお嫁さんを見つけた後に抜けてしまい、逆に身ごもったメスは産前産後に赤ちゃんを守るために角が残る、という訳なのです。そうすると、サンタは妊婦さんをムチで叩いて働かせていたんですね。ア〜ア、また夢のない話で終わらせてしまった…。

a0038167_2303469.jpgカントリー・ジェントルメンはこの曲をレベル・レコードに残しています。録音されたのは1965年夏、メリーランド州ボルチモアでした。ジョン・ダフィ(m)、チャーリー・ウォーラー(g)、エディ・アドコック(bj)にベースのエド・フェリスを加えた4人組で、この時に「きよしこの夜」も同時に録音されています。これらの曲が聴かれるアルバムが「Christmas Time Back Home」です。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-11-24 23:01 | クリスマス・ソング

138 クリスマス・ソングをブルーグラスで (3)

クリスマスは我が家で (I'll Be Home For Christmas)

こんな企画を思いついたもので、毎日クリスマス・ソングばっかり聴いています。また最近の雑誌を眺めていたら、「ホーリーナイトの正しい過ごし方」とかなんとか特集していました。どうやらイヴには「聖なる夜は彼と二人、チャペルで賛美歌を…」なんてことになるのだそうで、もちろん日本にも信心深い方はいらっしゃるのだけれど、大方は無神論者、あるいは、仏教か神道か、まぁそんなところでしょう。

そんな日本人がクリスマスの声を聞いた途端に賛美歌を聞いて敬虔な気分になってしまう。しかも恋人と二人してチャペルでミサ、なんてことをおっしゃる。どうして根っからの無神論者が、親戚でもお友達でもなんでもないイエス・キリストさんの誕生日を聖なる気分でお祝いせにゃならんのでしょうや?

要するにクリスマスは口実で、「なんだか知らないけど西洋にゃクリスマスってめでたい日があるらしい、こいつはいい、めでたいんだから飲もう、騒ごう、プレゼントもらおう、商売しよう、儲けよう」と、それが日本流のクリスマスなわけで、とことんC調なノリで楽しむのが「正しい日本流のクリスマス」ってわけなのです。ということで私も毎日クリスマス・ソングを聴きながら楽しんでいます。ほ〜んと楽しいですね、年中クリスマスだったらもっと楽しいだろうな?

この曲は、プラターズの歌った「トワイライト・タイム」の作者として、またピアニストとしてよく知られているバック・ラムが、1943年にキム・ギャノン、ウォルター・ケントと共作したものです。ビング・クロスビーのレコードが同年12月にヒットし、ミリオンセラーとなっています。

“クリスマスには我が家へ帰ります。あなたは私をあてにしていいの。白い雪、ヤドリギの飾り、クリスマス・ツリーの下には贈り物を頼むわ。クリスマス・イヴにはきっと逢える。愛の光の輝くところ、クリスマスには我が家へ帰ります。たとえ夢の中でも…”

当時は第2次世界大戦中であり、愛する人と遠く別れて暮らす人々の心を強く捉えたことから、とくに愛好された曲でした。それでなくとも、この曲はいつ聴いても心を打たれるアット・ホームな魅力ある名曲だといえます。

a0038167_21263945.jpgエルヴィス・プレスリーやドリス・デイをはじめこの曲もいろいろな歌手で歌われますが、ブルーグラス界ではシンディ・ウィーラーという女性シンガーがデル・マッカリー・バンドを従えて歌っています。この歌手がどんな人なのかあまり知りませんが、ドブロの売れっ子ロブ・アイクスの在籍するブルー・ハイウェイのアルバムにもゲストで歌っていましたね。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-11-22 21:28 | クリスマス・ソング

137 クリスマス・ソングをブルーグラスで (2)

Christmas Time’s A-Coming

本来イエス・キリストの誕生を祝う神聖な日であるべきクリスマスは、今日の日本ではかなり変貌を遂げて、というか曲解されて、というか都合のいいように利用されて、どういう訳だか、異性を口説く日、プレゼントをもらう日、ケーキを食べる日、デパートの年末商戦の一部、パーティーの口実、あるいはユーミンの新譜が発売される時期、という風に定着してきました。

子供の時分には何となくバタ臭く感じた「クリスマス」なる響きは、本来の意味から離れて、自分の生活と同レベルで解釈できる摩訶不思議(これは仏教用語?)な日本文化にまで昇華されつつある、という感じを受けるのであります。

なにはともあれ、世の中、地震だの台風災害だの自爆テロだのと、あまりうれしくない話題が多い年の暮れではありますが、クリスマスにかこつけて「ブワ〜っ!」と騒いで気分を晴らすのもいいのかも知れませんね。

a0038167_21295013.jpgさて前置きが長くなりましたが、標題のこの曲はブルーグラス・シーンでのクリスマスの定番曲です。オリジナルはビル・モンロウが1951年10月28日に録音していて、フィドルのテックス・ローガンの作曲となっています。

ビルの他には、ラルフ・スタンレーもラリー・スパークスもドク・ワトソンも、そしてビルの愛弟子であるピーター・ローワンもこの曲を歌っています。ピーターの場合、マンドリンにサム・ブッシュ、ドブロにジェリー・ダグラス、フィドルにスチュワート・ダンカンと、鉄壁のバックを従えてビルと同じヴァージョンで歌われます。収録されているアルバムはこれまた「Sugar Plums: Holiday Treats from Sugar Hill」です。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-11-14 21:25 | クリスマス・ソング

136 クリスマス・ソングをブルーグラスで (1)

クリスマスの歌 (The Christmas Song)

一雨ごとに確実に冬が来ているのを感じるこの頃です。あとひと月もするとクリスマス・シーズンとなります。そこでこれからしばらくは「クリスマス・ソング」を特集してみます。というのも、クリスマス・ソングは素晴らしいラヴ・ソングなのです。つまり、クリスマスはみんなが強く愛を意識する日なのですから…。そういう日はできることなら1年に1回ではなく、毎月あってもいいとは思いませんか? そうなるとクリスマス・ケーキが毎月食べられるもの…、ん?そういう問題じゃなくって…。

さて、第1回目のこの曲はロバート・ウエルズが作詞して、メル・トーメが作曲したとても大きな愛を歌っている曲です。愛もクリスマス・ケーキも大きいに超したことはありません。またこの曲はすべてといってもいいくらい、ほとんどのアーティストのクリスマス・アルバムに収録されていますが、まずは作曲者であるメル・トーメの「メリー・クリスマス」(日本フォノグラム)を聴いて欲しいものです。

“さあ、サンタ・クロースがやってくる。ソリに、たくさんのプレゼントをのせて。子供たちは、トナカイが本当に空を飛ぶのかを確かめたくて、ウズウズしている”

ビング・クロスビー、フランク・シナトラ、トニー・ベネットをはじめセリーヌ・ディオンなど、コーラスものではフォー・シーズンズやテンプテーションズなどがあり、いろんなジャンルの数多くのアーティストに歌われています。その中でも僕のベストは、まるく包み込むように歌うナット・キング・コールのものです。

a0038167_16363441.jpgさて、ブルーグラスでこの曲を演っているのが、ティム・オブライエン率いるホット・ライズですが、正確に言うとホット・ライズの裏バンド「レッド・ナックルズ&ザ・トレイルブレイザーズ」の演奏となっています。そしてこの曲が収録されているアルバムが、「Sugar Plums: Holiday Treats from Sugar Hill」です。これは以前キング・レコードから国内盤として発売され、すぐに廃盤となった「クリスマス・ララバイ」の原盤です。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-11-12 16:38 | クリスマス・ソング