<   2005年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

135 MOON SONGS (8)

月の走路
(Runways Of The Moon)

a0038167_22344511.gif1970年代に入ると、野外ロック・フェスティバルの影響からかロック・ファンがブルーグラスに急接近し始めます。そんなムーヴメントの推進役を務めたのがアルバム「ミュールスキナー」でした。このアルバムは1973年2月13日にTVでオン・エアされるはずのブルーグラス・ショウでのハプニングから生まれました。

ハリウッドのローカルTV局KCETに出演が予定されていたビル・モンロウのツアー・バスが、TV局に向かう途中で故障してしまい、ビルのバンドは残念にもTV出演が不可能となりました。そこで番組プロデューサーは、ビル・モンロウとのジャムを楽しみにスタジオで待機していたピーター・ローワン(ヴォーカル&ギター)、デヴィッド・グリスマン(マンドリン)、ビル・キース(バンジョー)、クラレンス・ホワイト(ギター)、リチャード・グリーン(フィドル)らを即席ブルーグラス・バンドとして仕立て上げ、このアクシデントを乗り切ることにしました。

ところが若手によるショウはエキサイティングなニュー・グラスぶりを展開したのです。この稀に見るロック・フィーリングを持つブルーグラスはたちまちのうちに大評判となってしまいました。しっかり者のリチャード・グリーンは、ワーナーのプロデューサー、ジョウ・ボイドに番組と同じメンバーでのアルバム作りを提案します。こうして実現したのがアルバム「ミュールスキナー」でした。このアルバムは、先に触れた誕生劇が雑誌等で話題となり、ロック・ファンにもアピールしたのです。

さて、このアルバムに今回取り上げた「月の走路」(Runways Of The Moon)が収録されています。この曲はいかにもピーター・ローワンらしいヴォーカルが冴え渡り、彼のシー・トレイン時代をいやが上にも彷彿とさせる出来となっています。リチャードのエレクトリック・フィドル、クラレンスの改造テレキャスター「ストリング・ベンダー」、ビルのスティール・ギターがほど良い効果を発揮し、ピーターを盛り上げています。ブルーグラスと言うにはあまりに異色な曲ですが、アルバム全体のムードを作り上げる上でとても重要な意味を持った曲です。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-10-26 22:38 | 月をタイトルにした歌

134 MOON SONGS (7)

月に貴女の顔を見た
(I Saw Your Face In The Moon)

a0038167_22333520.jpgこの曲はオーティス・エルダーによって作られ、カントリー・ファンには50年代のウェッブ・ピアスの歌でよく知られた名曲です。この曲をブルーグラスでは大御所マック・ワイズマンが50年代に発表した幻の名盤「ティス・スィート・トゥ・ビー・ド」(Tis Sweet To Be Remembered)の中で歌っています。

I saw your face in the moon honey
(ハニー、ボクは月にキミの顔を見たよ)
You threw a smile at me
(キミはボクに微笑んで)
You pretended that you were happy
(幸せだったふりをしていたね)
But in those loving eyes I could see
(でもボクは愛しい目でキミを見てたんだ)

You were having blue thoughts of by gone
(キミが行ってしまうってことを)
Days you and I once knew
(ボクらは気づいていたけれど)
But I could see you smile
(でもボクはキミに微笑んだ)
And you faded with the blue
(キミはもう落ち込まないで)
When I saw your face in the moon honey
(そう、ボクが月にキミの顔を見た時には)
When I saw your face in the moon
(ボクが月にキミの顔を見た時には)

a0038167_2230428.jpgまたローランド・ホワイトもカントリー・ガゼット時代の1976年に彼のソロ・アルバム「アイ・ワズント・ボーン・トゥ・ロックンロール」の中でも歌っています。ロジャー・ブッシュの軽やかなベースに乗って、ローランドの渋いながらもツボを押さえた歌声はなかなかいい感じです。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-10-23 22:32 | 月をタイトルにした歌

133 MOON SONGS (6)

月を射る
(Shoot The Moon)

a0038167_23533863.jpgティム・オブライエン、アリソン・ブラウン、マイク・マーシャル、ダロル・アンガー、トッド・フィリップスとフィリップ・アーバーグというミュージシャンが一堂に会すると一体どんな音楽が生まれるのでしょう。彼らは「ニューグランジ」と名乗って、1999年に1枚のアルバムを発表しています。ところでこの「ニューグランジ」(Newgrange)って一体何のことでしょうか。

それはアイルランド、ダブリンの北約35キロほどのところにある小さな集落の名前なのだそうです。この付近のボイン川流域に大小の古代遺跡が集中していて、この遺跡は約5000年前に建造されたとされています。ケルト人よりもずいぶん以前の先住民族のだそうですが、作られた時代はなんとエジプトのピラミッドよりも500年も古く、形は東京ドームを小さくしたような直径50mほどのものです。

材質は石で出来ていて、この石はかなり遠いところから運ばれてきたらしいのです。ドームの外周や内部にはスパイラル模様を中心とした壁画彫刻があちこちに描かれています。時代が進むにつれて、ケルト人やノルマン人などがこの巨大建造物を利用してさらに構造物を立てたため、現在ではいろいろな年代の遺物が発見されているようです。

さて、スーパー・ユニットの方の「ニューグランジ」は、ブルーグラスとケルト音楽を見事に融合させ、ジャズやクラシックのノウハウを散りばめた大秀作を作り出しました。このアルバムに標題の曲「月を射る」(Shoot The Moon)が収録されています。この才能集団が作り出す音楽は、まさに「月をも射る」ほどの勢いを感じさせます。余談ですが、彼らはあれから6年ぶりの今年9月にクリスマス・アルバムをリリースしています。こちらのほうも聴き逃せませんね。(つづく)

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-10-19 23:58 | 月をタイトルにした歌

132 MOON SONGS (5)

どぶろく造り
(Moonshiner)

アメリカという国の歴史を紐解きますってぇと、1865年に南北戦争が南軍の降服で終わるや、北部の工業資本が南部のバーボン産業に進出し連続式蒸留器が登場します。このおかげでバーボンの生産は飛躍的に伸び、ジャックダニエル、ブラウン.フォーマン、エンシェント・エイジなど、大手企業や有名ブランドがこの頃に相次いで創業しました。

戦後のグラント将軍の時代は、マーク・トウェインなどのいう「金ぴか時代」で汚職が横行します。大統領側近も絡んだ「ウイスキー・リング」汚職事件では、大がかりな脱税で何百人ものウイスキー業者や官僚が告発されたのでした。都市化や個人主義の高まりで酒は大いに飲まれましたが、やがて弊害も広がって、禁酒、節酒運動が高まり酒税も高くなるなどして反動が拡大します。伝統的ピュリタリズム、ドイツ系移民の醸造界進出への反感などもあり、ついに1920年に禁酒法の突入となったのでした。

禁酒法はその狙いとは裏腹に、密造密売による膨大な利益をマフィアにもたらし、その勢力の拡大を助長しましたが、節酒には役立たず失敗に終わったのでした。その間にカクテルも大いに流行し、むしろアメリカ独特の酒文化が生まれました。しかし、禁酒法時代にもウイスキーは作られ続けています。それが密造酒だったのです。

a0038167_22302986.jpgこうした酒は、夜がきて月の光の中で造られたので「ムーンシャイナー」と呼ばれています。また霧深い谷でウイスキー造りをしていたことから、「マウンテン・デュー(山のつゆ)」とも呼ばれました。「ムーンシャイナー」も「マウンテン・デュー」もヒルビリーにとって格好の題材となり、人々に歌い継がれるようになります。今回取り上げた「ムーンシャイナー」はブルーグラスにアレンジされ、ピーター・ローワンのアルバム「ウォール・オブ・タイム」(1982年)の中で歌われています。(つづく)

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-10-18 22:33 | 月をタイトルにした歌

131 MOON SONGS (4)

ひとり月光に座す
(Sitting Alone In The Moonlight)

a0038167_21492525.jpgミュール・スキナーのTVライヴを聴いていますと、ピーター・ローワンがこの歌を滔々と歌っています。あれあれ、テナーを歌っているのは、なんとマリア・マルダーさんではありませんか? ビデオではお顔を見せなかったのに、どこから現れたのでしょう。ピーターはよほどこの歌が気に入っているのでしょうか、1985年のソロ・アルバム「ファースト・ウィッパーウィル」の中でも歌っています。

この曲はビル・モンロウの作ですが、彼自身の演奏も実にハイ・ロンサムで素晴らしいものです。リード・ヴォーカルはジミー・マーチンで、ビルとの息のあったコーラスがモダンなコード展開に乗って歌われます。これは1954年の録音でした。

Sitting alone in the moonlight
Thinking of the day gone by
Wondering about my darling
I can still here her saying goodbye
What a moon goes down as I sit here
Each little star seems to whisper and say
Your sweetheart has found another
And now she is far away

たったこれだけの実に単純な歌詞ですが、この曲はビル・モンロウのオリジナルというばかりではなく、今ではブルーグラス・スタンダードとなっていて、トニー・ライスもブルーグラス・アルバム・バンドと一緒に歌っています。またティム・オブライエンもビル・モンロウのトリビュート・アルバム「トゥルー・ライフ・ブルース」で取り上げています。

ムーンライトといえば、同じくビル・モンロウの作に「ロンサム・ムーンライト・ワルツ」という曲がありました。1970年に録音されたこの曲は、ツイン・フィドルならぬトリプル・フィドルで演奏される幻想的なワルツです。この演奏でフィドルを弾いていたケニー・ベイカーは彼のソロ・アルバム「プレイズ・ビル・モンロウ」でもこの曲を演奏しています。(つづく)

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-10-17 21:51 | 月をタイトルにした歌

130 MOON SONGS (3)

ブルー・ムーンがまた輝けば
(When My Blue Moon Turns To Gold Again)

「ブルー・ムーン」というと単に「青い月」という意味と、悲しみや孤独の象徴とに例えられます。ズバリこれをタイトルにしている曲がブロードウェイのティンパン・アレー系作家コンビ、ロジャーズ&ハートの作にありますが、これはシナトラやディーン・マーティンなんかによって歌われアメリカを代表するスタンダード曲となっています。また、ボブ・ディランも1970年のアルバム「セルフ・ポートレイト」でこの曲を取り上げています。

a0038167_21462482.jpgところで今回は「ブルー・ムーン」が題名に入っている曲でも、ビル・モンロウやジム&ジェシーが歌った「ブルー・ムーンがまた輝けば」(When My Blue Moon Turns to Gold Again)を取り上げてみました。もともとこの曲は、ウィリー・ウォーカーとジーン・サリバンが作ったカントリー・ソングで、エディ・アーノルドが歌って有名になり、エルヴィス・プレスリーが取り上げたことでロカビリー・ファンにも知られるようになりました。ブルーグラスのアルバム「ビーン・ブロッサム」ではジェイムズ・モンロウが父親のビルそっくりにこの歌を歌っています。

前述の「ブルー・ムーン」や、前回の「ケンタッキーの青い月」、そしてこの曲など、「青い月」を歌ったうちの半分は、幸せが訪れる歌のラストで月は金色に変わるということですが、はたして…?(つづく)

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-10-15 21:47 | 月をタイトルにした歌

129 MOON SONGS (2)

ケンタッキーの青い月(Blue Moon Of Kentucky)

a0038167_16121250.jpg「月」をタイトルにしている曲について書こうとすると、どうしても「ケンタッキーの青い月」は外せませんね。この曲、ブルーグラスの父ビル・モンロウの代表作とも言われています。曲の内容は「ケンタッキーの青い月よ、去っていった恋人の背中を照らしておくれ」という、単純にして明解なる失恋の歌です。

1953年に高校を卒業した後トラック運転手になったエルヴィス・プレスリーは、その年の7月5日、彼の母の誕生日プレゼントとしてメンフィス・レコーディング・スタジオというところで1枚のレコードを吹き込みました。ところがこの7インチのアンペックスで録音したレコードが新しい音楽の誕生となったのでした。

そのレコードは「ザッツ・オールライト・ママ」という曲と、裏面がこの「ケンタッキーの青い月」のカップリングでした。レコーディング・スタジオの経営者サム・フィリップスはこの若者の歌声に閃きを感じ、録音されたテープを地元局のラジオ番組に持ち込みます。D.J.のデューイー・フィリップスが番組の中でこの曲をかけるや、リクエスト電話がなんと5000本近くもかかってきたと言います。そしてその日のうちにアンコールに応えて14回も再放送されました。その後レコードはメンフィスのヒット・チャートで3位となり、自主制作盤にも関わらず20,000枚も売れたのでした。

音楽雑誌「レコード・コレクターズ」のバック・ナンバーを読んでいたら、ボブ・ディランが、「ぼくにとって自由とは、“ケンタッキーの青い月”を歌うエルヴィスだ」なんて言っています。ドラムが入っていないにもかかわらず喧騒的なスピード感のあるサウンド、エルヴィス自身が弾くギターのカッティングがとても効いています。その後のエルヴィスのイメージからすると、幾分甲高く幼い感じの声で、おどけたような極端にリズミックな歌唱から感じられるのは、野生的な反射神経と色気です。この野性味にこそ「ディランにとっての自由」だったのではないでしょうか。

元ビートルズのポール・マッカートニーは1973年にウィングスのツアーでこの曲を演奏しています。また1991年1月25日に収録したMTVの特別番組「UNPLIGGED SHOW」で演奏し、ライブ・アルバム「UNPLUGGED OFFICIAL BOOTLEG」にも収録されています。このバージョンでは前半をビル・モンロウ風に、後半をエルビス風に演奏しています。

ところで、ケンタッキーの月が青いのも、菅原都々子のヒット曲「月がとっても青いから」も、とにかく「月が青い」ことに洋の東西はないようです。つまり音楽に国境はないということなのでしょうか。(つづく)

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-10-09 16:17 | 月をタイトルにした歌

128 MOON SONGS (1)

9月になったので、CD棚から何気なくフランク・シナトラの「セプテンバー・ソング」を探し出して聴いているうちにどっぷりとシナトラにハマってしまい、おかげで約1ヶ月もの間ブルーグラスから遠ざかってしまっておりました。

シナトラというと、その約60年におよぶ足跡は、ブルーグラス・アーティストが束になってかかってきても足下にも及ばないほど偉大なものです。彼の残した膨大なアルバムを片っ端から聴いてみると、そのほとんどが圧倒される歌唱力でぐいぐいと彼の世界に引きづり込まれてしまいます。

a0038167_121549.jpgところで頃は「月見」にいい季節となりました。月見と言えばシナトラのリプリーズ時代(後期)のアルバムに、月にちなんだ歌を集めた「ムーンライト・シナトラ」という傑作があります。録音されたのは、ちょうど大ヒット曲「夜のストレンジャー」と同じ1965年のことでした。このコンセプト・アルバムは「夜のストレンジャー」に比較するとやや地味ながら、なかなか渋い選曲で味わい深いものとなっています。シナトラ・ファンのみならず、バラードがお好きな方にはぜひとも聴いて頂きたいアルバムのひとつです。

さてブルーグラスの世界に話題を転じますと、「月」をタイトルにした曲が数多く存在します。もっともポピュラーなものとしては、ビル・モンロウの「ケンタッキーの青い月」(Blue Moon Of Kentucky)がありますが、他にも多くのプレイヤーに歌われ続ける名曲がいろいろとあります。これら「月」にちなんだ曲をシリーズでご紹介することにしましょう。(つづく)

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-10-08 12:05 | 月をタイトルにした歌