<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

127 ブルーグラスの中のビートルズ (20)

ピッキン・オン・ザ・ビートルズ (Pickin’ On The Beatles)

a0038167_16464756.jpgブルーグラスによるビートルズ集というと、即座にチャールズ・リバー・バレー・ボーイズの「ビートル・カントリー」を思い浮かべますが、もうひとつの「ビートルズ・カヴァー集」が1994年に作られています。「ビートル・カントリー」は歌入りでしたが、こちらのほうは全曲インストゥルメンタルで構成されていて、スーパー・テクニックを堪能できる作りとなっています。

演奏メンバーは、名フィドラーであるグレン・ダンカン、ブルーグラス・ドブロの開祖といわれるアンクル・ジョッシュの息子ティム・グレイヴス、そしてプロデューサーも務めるギタリストのビル・トロイらナッシュヴィルのスーパー・ピッカーたちが参加していますので、それはそれは聴きごたえがあります。

さて、全曲インストとなるとそのアレンジが非常に重要な要素になります。特にバンジョーがどこまでビートルズ・メロディーを弾きこなせるかがポイントとも楽しみともなるのです。そのバンジョーがリードをとる3曲、フィドルがリードの4曲、そしてマンドリンの2曲、あと3曲はそれぞれの楽器が替わりばんこにリードをとっています。

1. Strawberry Fields Forever
2. And I Love Her
3. Ticket To Ride
4. Norwegian Wood
5. I Want To Hold Your Hand
6. Paperback Writer
7. Can’t Buy Me Love
8. Hey Jude
9. She Loves You
10. Yellow Submarine
11. Yesterday
12. A Hard Day’s Night

11曲目はフィドルのグレンが丁寧に、まるでクラシックの室内楽のように演奏しています。また4、8曲目はマンドリンを中心に演奏されますが、繊細な音色が原曲の持つメロディの美しさを実によく生かしています。そして問題のバンジョー中心の曲が6、9.10曲目です。特に6曲目はバンジョーのスピード感といい、ブレイクの仕方といい、素晴らしい仕上がりとなっています。なお、1999年には本作の続編もリリースされています。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-09-19 16:51 | ビートルズ・ソング

126 ブルーグラスの中のビートルズ (19)

オー・ダーリン (Oh Darling)

この曲は「のっぽのサリー」や「アイム・ダウン」以来の、ひさびさ背筋がぞくぞくするようなポールのヴォーカルが聴かれます。自動ピアノのようなピアノと、コードを刻む火の出るようなギターの下で、ポールはわざとしわがれ声で歌っていますが、彼はレコーディングの1週間前からスタジオで何度も歌い込んで、このパワフルな声を作ったと言われています。

作曲もポール自身で、50年代後期のロッカ・バラードにインスパイアされたこの曲は、「一生愛し続けるからそばにいて欲しい」と、愛する人に呼びかけるシンプルなラブ・ソングとなっています。ジョンは後年、「オレならもっと上手く歌えたのに」と言ったそうですが、この曲に限っては、やはりポールの思い入れがあったからこそ完成した曲だと言えます。

a0038167_20404555.jpgさてブルーグラス界広しと言えども、この曲を熱唱できる人は彼をおいて他にはいません。それは誰あろう「ブルーグラス・ロッカー」のジョン・コーワンその人で、彼のヴォーカルを盛り上げるサポート・メンバーが、これまたブルーグラス界でロック魂を持つバンジョー・プレイヤーのベラ・フレック率いるフレックトーンズでした。ベラの不思議(?)なエレクトリック・バンジョーのイントロに続き、絶叫のようなパワフルなジョンの雄叫びが炸裂します。間奏のピアノはとてもジャージーで、ブルーグラスとロックとジャズが融合したフュージョン・サウンドになっています。なおこの曲が収録されているアルバムは「テルライド・1992・フェスティバル:プラネット・ブルーグラス」(Telluride 1992 Festival: Planet Bluegrass)です。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-09-06 20:44 | ビートルズ・ソング

125 ブルーグラスの中のビートルズ (18)

デイ・トリッパー(Day Tripper)

ベーシックなギター・リフと歌詞のほとんどをジョンが作り、ポールが歌詞の一部を手伝っているこの曲は、ビートルズがクリスマス市場用にと無理強いされ、アルバム「ラバー・ソウル」と同じ日(1965年12月3日)にニュー・シングルとしてリリースされました。それにもかかわらず、「恋を抱きしめよう」との両A面シングルとして、イギリスでは1位、アメリカでは5位を獲得しています。

1965年の夏、ジョンとジョージは初めてLSDを体験しています。それは、彼らと食事をともにしたロンドンの歯科医が食後のコーヒーにそっと混入させたもので、彼らの意志ではありませんでした。しかし8月には、アメリカ滞在中に自分たちの意志でトリップを体験し,それ以来ジョンは、「四六時中、口のほおり込むようになった」と告白しています。「デイ・トリッパー」というタイトルは、勃興期にあったドラッグ・カルチャーが、ビートルズの曲作りに及ぼしていた影響を反映させたものと言えます。

a0038167_2017468.jpgジェリー・ダグラスとタット・テイラーがプロデュースし、ブラザー・オズワルドからジョッシュ・グレイブス、そしてロブ・アイクスまで11人のドブロ・ミュージシャンによるオムニバス盤「グレイト・ドブロ・セッションズ」にこの曲が収録されています。この曲をドブロでリードするのはジーン・ウートン(2001年没)で、デヴィッド・グリア(g)、ラリー・パーキンス(bj)、ロニー・マッカリー(m)らが好サポートをしてオリジナルに忠実なアレンジで聴かせてくれます。なお、このアルバムは1994年度のグラミーを受賞しています。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-09-02 20:20 | ビートルズ・ソング