カテゴリ:クリスマス・ソング( 21 )

136 クリスマス・ソングをブルーグラスで (1)

クリスマスの歌 (The Christmas Song)

一雨ごとに確実に冬が来ているのを感じるこの頃です。あとひと月もするとクリスマス・シーズンとなります。そこでこれからしばらくは「クリスマス・ソング」を特集してみます。というのも、クリスマス・ソングは素晴らしいラヴ・ソングなのです。つまり、クリスマスはみんなが強く愛を意識する日なのですから…。そういう日はできることなら1年に1回ではなく、毎月あってもいいとは思いませんか? そうなるとクリスマス・ケーキが毎月食べられるもの…、ん?そういう問題じゃなくって…。

さて、第1回目のこの曲はロバート・ウエルズが作詞して、メル・トーメが作曲したとても大きな愛を歌っている曲です。愛もクリスマス・ケーキも大きいに超したことはありません。またこの曲はすべてといってもいいくらい、ほとんどのアーティストのクリスマス・アルバムに収録されていますが、まずは作曲者であるメル・トーメの「メリー・クリスマス」(日本フォノグラム)を聴いて欲しいものです。

“さあ、サンタ・クロースがやってくる。ソリに、たくさんのプレゼントをのせて。子供たちは、トナカイが本当に空を飛ぶのかを確かめたくて、ウズウズしている”

ビング・クロスビー、フランク・シナトラ、トニー・ベネットをはじめセリーヌ・ディオンなど、コーラスものではフォー・シーズンズやテンプテーションズなどがあり、いろんなジャンルの数多くのアーティストに歌われています。その中でも僕のベストは、まるく包み込むように歌うナット・キング・コールのものです。

a0038167_16363441.jpgさて、ブルーグラスでこの曲を演っているのが、ティム・オブライエン率いるホット・ライズですが、正確に言うとホット・ライズの裏バンド「レッド・ナックルズ&ザ・トレイルブレイザーズ」の演奏となっています。そしてこの曲が収録されているアルバムが、「Sugar Plums: Holiday Treats from Sugar Hill」です。これは以前キング・レコードから国内盤として発売され、すぐに廃盤となった「クリスマス・ララバイ」の原盤です。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-11-12 16:38 | クリスマス・ソング