31 ニッティ・グリッティ・ダート・バンドと永遠の絆

a0038167_11193810.jpgバーズ、ディラーズ、フライング・ブリトウ・ブラザーズというウェスト・コースト・ロック初期のバンドが出たついでに書かせていただくのが「ニッティ・グリッティ・ダート・バンド」(NGDB)のことです。彼らは、オールマン・ブラザーズやジャクソン・ブラウン、ケニー・ロギンスなどを世に送り出し、1966年から現在に至るまで一貫してカントリー・ロックを演奏しつづけるベテラン・バンドです。

バンドはカリフォルニアで結成され、ジェフ・ハンナ(ギター、ヴォーカル)、ジミー・ファッデン(ギター、ハーモニカ、ウォッシュタブ・ベース、ヴォーカル)、ラルフ・バー(ギター、クラリネット、ヴォーカル)、レス・トンプソン(ベース・ギター、ギター、ヴォーカル)、ブルース・カンケル(ギター、ヴァイオリン、ヴォーカル)というメンバーでした。このメンバーに一時期、ジャクソン・ブラウンが加わっていたこともありました。

1966年には、さらにジョン・マッキューエン(ギター、フィドル、バンジョー、マンドリン、ヴォーカル)を加えて、バンド名を「ニッティ・グリッティ・ダート・バンド」(NGDB)と改名し、フォーク&カントリー・ロック・バンドの異端児として1967年にアルバム「Nitty Gritty Dirt Band」でデビューするや、いきなり「バイ・フォー・ミー・ザ・レイン」のスマッシュ・ヒットを放ちます。

余談ながら、この頃、寝食を共にしながら一緒にクラブのショーに出演していたデュアン&グレッグのオールマン兄弟を彼らのマネージャーが気に入ってロサンゼルスに連れて行き、レコード・デビューさせています。

ところでデビュー当時のNGDBは、ブルーグラス、R&B、ラグタイム、ケイジャン、オールド・タイム、ブルース、ロックン・ロールなど、あらゆるアメリカン・ミュージックをレパートリーに取り入れて話題になったのでしたが、ビートルズが「サージェント・ペパーズ」をリリースして以来、ロック界にはしだいにサイケデリック・ブームの波が押し寄せてきます。そんな中、彼らも次のセカンド・アルバムではドラッグのことを歌ったり、ジャケットもそれ風にするなど一応サイケを意識したアプローチを見せますが失敗に終わります。その後も泣かず飛ばずで、69年にはついに一度解散してしまいました。

しかし70年にはメンバーも新たに再結成を果たし、素晴らしいアルバムとともにロック界にカンバックしてきました。オリジナル・メンバーのジェフ・ハンナ、ジミー・ファッデン、レス・トンプソン、ジョン・マッキューエンに、ジミー・イボットソン(ギター、キーボード、ドラムス、アコーディオン、ヴォーカル)を加えたメンバーでした。

この彼らの通算4作目のアルバム「アンクル・チャーリーと愛犬テディ」では、以前から曲を提供してくれていたジャクソン・ブラウンに代えて、若き日のケニー・ロギンスの曲を採用し、サウンド的にはむしろ原点に戻ってアメリカン・ミュージックのルーツとロックを融合させた“カントリー・ロック”を確立させます。これが当たって、「ミスター・ボージャングル」は全米9位となり、ロギンスの曲「プー横町の家」も大ヒットしました。このアルバムはプラチナ・ディスクに輝き、グラミー賞の2部門にノミネートされるなど一躍彼らはビッグ・スターの仲間入りを果たしたのです。

そして続く1971年には、当時のカントリー音楽界の大御所、ロイ・エイカフ、マール・トラヴィス、ドック・ワトソン、ジミー・マーティン、メーベル・カーターらを迎えて歴史的名盤「永遠の絆」を発表します。これは2世代共演を果たしたカントリー版ファーザー&サン、またはマウンテン・ミュージックとカントリー・ロックの幸せな結婚とでもいうべき作品で、ロックとカントリー両ジャンルにまたがって現在も絶大な影響力を誇るものです。これ以降、彼らはカントリー・フィールドで活動を続ける長寿バンドとなり、89年に第2集、そして2001年にジョニー・キャッシュやメーベルの娘ジューン・カーターの参加を得て第3集をリリースします。(この章は佐々木実さん作成のHPから一部抜粋使用させていただいております。
http://www02.so-net.ne.jp/~m-sasaki/uncle_charlie.html)


Will the Circle Be Unbroken (Capitol )
a0038167_17103313.jpg1. Grand Ole Opry Song
2. Keep on the Sunny Side
3. Nashville Blues
4. You Are My Flower
5. Precious Jewel
6. Dark as a Dungeon
7. Tennessee Stud
8. Black Mountain Rag
9. Wreck on the Highway
10. End of the World
11. I Saw the Light
12. Sunny Side of the Mountain
13. Nine Pound Hammer
14. Losin' You (Might Be the Best Thing Yet)
15. Honky Tonkin'
16. You Don't Know My Mind
17. My Walkin' Shoes
2枚組ほか全42曲
(次回につづく)

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2004-09-07 11:06 | ブルーグラスの歴史
<< 32 混沌の時代、1960年代後半 30 フライング・ブリトウ・ブ... >>