184 カントリー・ジェントルメンを聴き倒す (24)

フォークウェイズ・デイズ (9)

a0038167_011397.jpg1963年6月にリリースされたLP「オン・ザ・ロード」は、カントリー・ジェントルメンの真骨頂と言うべきライヴ・コンサートの模様を伝えたものでした。このアルバムのA面は1962年4月13日、オハイオ州イエロー・スプリングにあるアンティオク大学でのライヴです。この場所では過去にオズボーン・ブラザーズが、ブルーグラス・バンドとして初めてのライヴを行っています。

1曲目「ハンサム・モリー」(handsome Molly)は、イギリスの伝統的なフォーク・ソングをアレンジしたもので、フォークウェイズでの2枚目のアルバム「シング&プレイ・フォークソングズ・アンド・ブルーグラス」に収録されています。

2曲目の「サニー・サイド・オブ・ライフ」(Sunny Side Of life) は、ビルとアールのボリック兄弟のグループ、ブルー・スカイ・ボーイズのオリジナル曲です。ブルーグラス特有の楽天的な内容の歌で、ジェントルメンはこのライヴで初めて発表した後、1971年にリリースしたアルバム「One Wide River To Cross」でもレコーディングしています。

3曲目「エレン・スミスの物語」(Poor Ellen Smith)は、実際に起こった殺人をテーマにしたもので、サザン・マウンテン・フォークの名曲です。主人公は恋人であるエレン・スミスを射殺した罪で投獄され、彼女への懺悔の気持ちで歌っているものです。ジェントルメンはスターディ社とフォークウェイズ社の双方でスタジオ録音しています。

4曲目の「黒いヴェール」(Long Black Veil)は、レフティ・フリーゼルが1951年に歌って大ヒットさせた曲です。不倫関係と殺人事件を絡ませた内容の曲で、人間関係の弱点を効果的に用いた社会性あるストーリーを持った歌です。ジェントルメンはフォークウェイズでの初のアルバム「カントリー・ソングズ、オールド・アンド・ニュー」で初めてレコーディングしていますが、ライヴでも必ずと言っていいほど演奏している曲です。

5曲目「おじいさんの古時計」(Grandfather's Clock)もサザン・マウンテン・フォーク点ソングの代表的な曲です。昔から居間に飾ってある愛用の古時計に、今は亡き祖父の面影を重ねるという、いかにも古き良き時代の風情を忍ばせる名曲です。トム・グレイによる間奏のベース・プレイが聴きものです。

6曲目の「住む家もなく」(Ain't Got No Home ) はカントリー・ブルースに見られるシンプルな内容をテーマにした曲です。チャーリーがいろいろと声色を変えてコミカルに歌います。前曲とこの曲は当時、初めて公式に発表されていますが、以前からライヴでのレパートリーだったようです。

彼らのライヴは、そこがたとえコンサート・ホールであれ、コーヒー・ハウスであれ、いつも軽いジョークが飛び出して、リラックスして演奏を楽しんでいるように聴こえます。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2006-03-19 00:15 | カントリー・ジェントルメン
<< 185 カントリー・ジェントル... 183 カントリー・ジェントル... >>