182 カントリー・ジェントルメンを聴き倒す (22)

スターディ時代 (10)

a0038167_23514341.jpgカントリー・ジェントルメンにとってカーネギー・ホール・コンサートの成功は、スターディ社にとっては新たなビジネス・チャンスとなりました。スターディ社はジェントルメンが既にレコーディングしてあった6曲に,新たにスタジオ録音した8曲(新録6曲、再録2曲)を加えて1枚のアルバムをリリースします。題して「ブルーグラス・アット・カーネギー・ホール」。まさに他人のふんどしにも似た、何とも安直なタイトルではありませんか。しかしジェントルメンにとってはスターディでの初アルバムであり、それまでの総決算のようなベスト盤となったのでした。このレコーディングは1961年11月6日のことでした。

A面1曲目の「我が心は終りぬ」(I Know I've Lost You)はこの年3月の10度目のセッションでレコーディングされている曲です。ジョンのテナー・リードとドブロがいやが上にもブルーなムードを盛り上げます。

2曲目「ボクだけのこと」(Nobody's Business)は1959年5月、6度目のセッションでもレコーディングされていますが、その時はエディが加入する前で、バンジョーはピートが弾いています。今回のはエディのバンジョーで再レコーディングされました。

3曲目「水、静かなるところ」(Down Where The Still Waters Flow)は、チャーリーのリード・ボーカルによるカントリー色強い、天国を讃えたセイクレッド・ナンバーです。なおこの曲はピートの作となっています。

4曲目の「カントリー・コンサート」(Country Concert)は、正式なタイトルは「ジョン・ハーディ」です。チャーリーによると、エディがバンドに加入する際に持ってきたレパートリーと言われていますが、ビル・エマーソンが在籍していた頃のセッションでも録音されたことがある曲です。

5曲目「トムへの手紙」(Letter To Tom) は1960年1月の8度目のセッションでレコーディングされています。ドブロが効果的に使われているスローなナンバーです。

6曲目「二人の少年」(Two Little Boys)は、南北戦争が背景となったかなり古い曲です。ジェントルメンによってアップ・テンポに演奏されましたが、このレコーディング以来、チャーリーのフェイバリット・ソングとなりました。

7曲目の「この神の子等」(These Men Of Gold)は、先のカーネギー・ホール・コンサートでも歌われていますが、正式にスタジオ録音されたのはこの時が初めてでした。


【資料参考:King Records“Country Gentlemen / High Lonesome”(レコード番号3510-2-2)】

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2006-03-16 23:53 | カントリー・ジェントルメン
<< 183 カントリー・ジェントル... 181 カントリー・ジェントル... >>