174 時系列で聴くカントリー・ジェントルメン (14)

フォークウェイズへの録音 (2)

a0038167_23285261.jpgアルバム「カントリー・ソング・オールド・アンド・ニュー」は、そのタイトルが示す通り、古いカントリー曲をモダンな感覚でアレンジしたものでした。

A面1曲の「さすらいの賭博師」(Roving Gambler)は、かつて「The Journey Man」や「The Roving Journey Man」というタイトルで歌われていたホーボー・バラッドでしたが,フォーク・リバイバルで取り上げられるようになって以来、フォークやブルーグラスの愛唱歌となっています。ジョン・ダフィーのリードで歌われます。

2曲目の「小さな雀」(The Little Sparrow)は、「Come All Your Fair Tender Ladies」というタイトルでよく知られている曲で、ピーター・ポール&マリーのレパートリーにもなっているお馴染みのものです。この曲は古いスコットランド民謡の「O.Waly Waly Gin Love Be Bonny」とも関連があるようです。この曲は最初はトリオ・コーラスで歌われ、サビでチャーリー・ウォーラーがリードをとります。

3曲目の「岸辺より遠くはなれて」(Drifting Too Far)は、ブルーグラスではすっかり定番となったセイクレッド・ソングです。J.T.リチャードソン尊師が題材を提供したと言われています。この曲はずっと通してトリオ・コーラスで歌われます。

4曲目「ウィーピング・ウィロー」(Weeping Willow)は、チャーリーがオリジナル・カーター・ファミリーの「Burry Me Beneath The Willow」をアレンジしたものです。私たちはこの曲で初めてエディのギャロッピング・スタイルのバンジョー奏法を耳にしました。ジョンのマンドリン・プレイも冴えています。

5曲目の「明日は私の結婚式」(Tomorrow's My Wedding Day)は、「Ain't Gonna Work Tomorrow」というタイトルがついているもので、これもオリジナル・カーター・ファミリーの作品です。ジェントルメンは5ヶ月前のスターディでの8回目のセッションでもこの曲をレコーディングしています。

6曲目の「チャーリー・ローソン家の悲劇」(The Story of Charlie Lawson)は、モーリス・ブラザースやスタンレー・ブラザースによって歌われている曲で、1929年12月25日のクリスマスの夜にノース・キャロライナ州ストークス・カウンティで起こった一家惨殺事件を題材にしたものです。この曲もずっと通してトリオ・コーラスで歌われます。

7曲目「七面鳥のこぶ」(Turkey Knob)は、バンジョーのエディ・アドコックの作品で、彼の故郷ヴァージニア州スコッツヴィルのある場所のことを題材にしています。この曲でもエディのギャロッピング・スタイルのバンジョーが聴かれます。またこの曲は、かつてナターシャー・セブンの城田じゅんじが得意としていたインスト曲で、エディの雰囲気がよく表れています。またマンドリンの坂庭省悟もジョン・ダフィーそっくりに演奏しています(城田じゅんじ/Soft Shoes)。

A面最後の曲「ポールとサイラス」(Paula & Silas)は、聖書の「使徒行伝」から題材を得た作品です。このようにブルーグラスやオールド・タイム・ミュージックには聖書からの引用が数多く見られます。イントロのギターと間奏のドブロはジョンが弾いています。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2006-02-14 23:31 | カントリー・ジェントルメン
<< 175 時系列で聴くカントリー... 173 時系列で聴くカントリー... >>