172 時系列で聴くカントリー・ジェントルメン (12)

スターディへのへの録音 (8)

ジェントルメンにとって通算8枚目のシングル盤のためのセッションは、1960年4月20日に行われました。この日にレコーディングされたのは、1893年ノース・キャロライナで実際に怒った殺人事件を歌った「かわいそうなエレン」(Poor Ellen Smith)と、そのカップリング曲「ヘレン」。さらに「ブルー・マン」と「リメンバランス・オブ・ユー」の4曲でした。

「ヘレン」はアラバマのデュエット、レブ&レイブのレコードからの音源を基にしたロマンチックな香りに包まれた佳曲です。「ブルー・マン」はエディ・アドコックが前に在籍していたグループ、ビル・ハレルのバンドから持ち込んだレパートリーでした。また「リメンバランス・オブ・ユー」はピートが書いた曲で、そのメロディーは1950年代半ばに作られた曲からインスパイアされています。この曲では2台のマンドリンが使われています。

ところで、この年1960年はジェントルメンにとって大きな年となりました。スターディではシングル盤のみのリリース契約だったのですが、彼らはLP盤をリリースするためにフォークウェイズ社とまた別の契約をしたのでした。この契約で2年間にスタジオ録音盤2枚リリースすることとなります。

【資料参考:King Records“Country Gentlemen / High Lonesome”(レコード番号3510-2-2)】

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2006-02-11 00:22 | カントリー・ジェントルメン
<< 173 時系列で聴くカントリー... 171 時系列で聴くカントリー... >>