168 時系列で聴くカントリー・ジェントルメン (8)

スターディへの録音 (4)

a0038167_0145011.jpg「ヘイ・リトル・ガール」の録音を最後にバンジョーのビル・エマーソンがバンドを去って行きます。彼は1959年にビル・ハレルのバンドに籍を置きました。この時期に録音されている「Eating Out Of Your Hand」や「One Truck Mind」でエマーソンのバンジョーを聴くことができます。その後ジミー・マーチンのバンドに移籍し多くの録音を残します。

さて、ビルが去った後にバンジョーのパートを受け持ったのが、それまでジェントルメンを陰から支えていた男、ピート・ロバーツ(カイケンダル)でした。ピートはこれ以前にはレッド・アレンのバンドでバンジョーを弾いていました。

1958年11月、彼らは新しくリリースするシングル盤のためにスターディで5度目のセッションに挑みます。このときに録音されたのが「デビルス・オウン」と「ローリング・ストーン」でした。この時のベーシストはロイ・セルフからディキシーでのデビュー盤でベースを担当したトム・モーガンに替わっています。

「デビルス・オウン」でダフィーはマンドリンからドブロへと持ち替えて演奏していますが、「ローリング・ストーン」では逆にドブロからマンドリンへと持ち替えて演奏しています。「ローリング・ストーン」という曲は、ピートがキングストン・トリオの「トム・ドゥーリー」のメロディを少しアレンジし、別の詞を乗せて作っています。恋に破れてさすらう男の心情が、チャーリー・ウォーラーのヴォーカルから溢れています。

【資料参考:King Records“Country Gentlemen / High Lonesome”(レコード番号3510-2-2)】

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2006-01-29 21:04 | カントリー・ジェントルメン
<< 169 時系列で聴くカントリー... 167 時系列で聴くカントリー... >>