162 カントリー・ジェントルメンを聴き倒す (2)

カントリー・ジェントルメン、本邦初登場。

カントリー・ジェントルメンのレコードが日本で初めて発売されたのは1963(昭和38)年7月のことでした。前年にはキングストン・トリオの「花はどこへ行った」が、またこの年にはピーター・ポール&マリーの「パフ」、ボブ・ディランの「風に吹かれて」が発売され、フォーク・ムーブメントが我が国にも上陸し、カレッジ・フォークのつぼみが形成されていきます。ちなみに第一回スチューデント・フェスティバル・コンサートはこの年の8月31日に今はなき銀座ガスホールで開かれています。しかしまだフォーク・ソングのバンドは出演していなく、カントリー・メッセンジャーズ、ウェイフェアリング・ストレンジャーズ、カントリー・クインテットといった、約15のカントリー&ウエスタン系のバンドばかりでした。

a0038167_20544728.jpgさて、「ベスト・オブ・カントリー・ジェントルメン」とタイトルされたこのアルバムは、キング・レコードよりロンドン・レーベルでリリースされています(レコード番号:London MH-46)。このアルバムはマーキュリーの名盤「フォーク・セッション・インサイド」に至るまでの過渡期、いわば試行錯誤を繰り返した時期ともいうべき1958年頃から62年頃までの間に、スターディに録音された曲を集めたものでした。つまり完成形に至るまでのプロトタイプと言えるものだったのです。

A面
レッド・ロッキング・チェアー (Red Rockin' Chair)
二人の少年 (Two Little Boys)
びっこのウィリー少年 (Willie Roy, The Crippled Boy)
サンライズ (Sunrise)
沈黙と涙 (Silence Or Tears)
フリーダム・ベル (New Freedom Bell)
ザ・チャーチ・バック・ホーム (The Church Back Home)
B面
我が心は終りぬ (I Know I've Lost You)
ボクだけのこと (Nobody's Business)
水、静かなるところ (Down Where The Still Waters Flow)
カントリー・コンサート (Country Concert)
トムへの手紙 (A Letter To Tom)
おとめの挽歌 (I'll Never Marry)
この神の子等 (These Men Of God)

これは、現在では「Bluegrass At Carnegie Hall」というタイトルでCDになっているものと、曲順こそ違え全く同じものです。さて次回からは、カントリー・ジェントルメンの歴史と、彼らが録音した数多くの曲を、できるかぎり順を追って解説していきたいと思います。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2006-01-11 20:55 | カントリー・ジェントルメン
<< 163 カントリー・ジェントル... 161 カントリー・ジェントル... >>