201 時系列で聴くカントリー・ジェントルメン (40)


ブートレグのライヴ・テープ

ブートレグ (Bootleg)というのは、ブート盤とか、海賊盤などと言われるように、一般的には「法律上の権利を無視して諸権利を有しない者により権利者に無断で発売または流通される非合法商品である」と定義されています。

ビートルズやボブ・ディラン、ローリング・ストーンズなどのメジャーなアーティストなら高額で取引されるものですが、カントリー・ジェントルメンなどブルーグラス・アーティストの場合は一般的にあまりにも有名ではないため、それほど高額な取引はありません。

a0038167_16104699.jpgしかし、このブログを書き始めた頃(2005年)には、結構「闇社会(?)」で彼らのライヴ・テープが取引されていました。私レベルのファンにとっては、「喉から手が出る」を通り越して、「腹の底からわしづかみしたい」くらいなものなので、当然、情報をいただくと即購入ということになります。

やっと手にして聴いてみても、当然のことながら音質は悪いし、ライヴそのものもそれほどでもないし、中には曲の途中でブチ切れてしまうものもあったり、さんざんな内容でした。

でもそれはそれ、他人が持ってないものを持つ喜びは何よりも代え難いものでした。

ところが近年、ネット社会が当たり前となり、そこいら中に(例えばYを頭文字にするものなんかですが)もっとましな音源がアップされるようになりました。しかも、ビートルズなどと違って、「アップ即削除」ということもなく、いつでも聴き放題、ダウンロードし放題です。永年のファンにとってそれは喜ぶべきことなのか、悲しむべきことなのか、今やどうでもいいようになりました。

ま、そういうことなので、皆様もご興味あるならば、「Yを頭文字にする」音源で、1962〜63年の彼らが最も輝いていた頃のライヴをご堪能下さい。

とくに彼らがフランチャイズとしていた「シャムロック」での1963年8月6日(ビル・クリフトンとのセッションの日です。このライヴにはビル自身も出演しています)と、11月26日(「フォーク・セッション・インサイド」を録音して間もない頃)のライヴが秀逸ですヨ。

[PR]
by scoop8739 | 2017-07-24 16:12 | カントリー・ジェントルメン
<< 202 時系列で聴くカントリー... 200 時系列で聴くカントリー... >>