128 MOON SONGS (1)

9月になったので、CD棚から何気なくフランク・シナトラの「セプテンバー・ソング」を探し出して聴いているうちにどっぷりとシナトラにハマってしまい、おかげで約1ヶ月もの間ブルーグラスから遠ざかってしまっておりました。

シナトラというと、その約60年におよぶ足跡は、ブルーグラス・アーティストが束になってかかってきても足下にも及ばないほど偉大なものです。彼の残した膨大なアルバムを片っ端から聴いてみると、そのほとんどが圧倒される歌唱力でぐいぐいと彼の世界に引きづり込まれてしまいます。

a0038167_121549.jpgところで頃は「月見」にいい季節となりました。月見と言えばシナトラのリプリーズ時代(後期)のアルバムに、月にちなんだ歌を集めた「ムーンライト・シナトラ」という傑作があります。録音されたのは、ちょうど大ヒット曲「夜のストレンジャー」と同じ1965年のことでした。このコンセプト・アルバムは「夜のストレンジャー」に比較するとやや地味ながら、なかなか渋い選曲で味わい深いものとなっています。シナトラ・ファンのみならず、バラードがお好きな方にはぜひとも聴いて頂きたいアルバムのひとつです。

さてブルーグラスの世界に話題を転じますと、「月」をタイトルにした曲が数多く存在します。もっともポピュラーなものとしては、ビル・モンロウの「ケンタッキーの青い月」(Blue Moon Of Kentucky)がありますが、他にも多くのプレイヤーに歌われ続ける名曲がいろいろとあります。これら「月」にちなんだ曲をシリーズでご紹介することにしましょう。(つづく)

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-10-08 12:05 | 月をタイトルにした歌
<< 129 MOON SONGS (2) 127 ブルーグラスの中のビー... >>