127 ブルーグラスの中のビートルズ (20)

ピッキン・オン・ザ・ビートルズ (Pickin’ On The Beatles)

a0038167_16464756.jpgブルーグラスによるビートルズ集というと、即座にチャールズ・リバー・バレー・ボーイズの「ビートル・カントリー」を思い浮かべますが、もうひとつの「ビートルズ・カヴァー集」が1994年に作られています。「ビートル・カントリー」は歌入りでしたが、こちらのほうは全曲インストゥルメンタルで構成されていて、スーパー・テクニックを堪能できる作りとなっています。

演奏メンバーは、名フィドラーであるグレン・ダンカン、ブルーグラス・ドブロの開祖といわれるアンクル・ジョッシュの息子ティム・グレイヴス、そしてプロデューサーも務めるギタリストのビル・トロイらナッシュヴィルのスーパー・ピッカーたちが参加していますので、それはそれは聴きごたえがあります。

さて、全曲インストとなるとそのアレンジが非常に重要な要素になります。特にバンジョーがどこまでビートルズ・メロディーを弾きこなせるかがポイントとも楽しみともなるのです。そのバンジョーがリードをとる3曲、フィドルがリードの4曲、そしてマンドリンの2曲、あと3曲はそれぞれの楽器が替わりばんこにリードをとっています。

1. Strawberry Fields Forever
2. And I Love Her
3. Ticket To Ride
4. Norwegian Wood
5. I Want To Hold Your Hand
6. Paperback Writer
7. Can’t Buy Me Love
8. Hey Jude
9. She Loves You
10. Yellow Submarine
11. Yesterday
12. A Hard Day’s Night

11曲目はフィドルのグレンが丁寧に、まるでクラシックの室内楽のように演奏しています。また4、8曲目はマンドリンを中心に演奏されますが、繊細な音色が原曲の持つメロディの美しさを実によく生かしています。そして問題のバンジョー中心の曲が6、9.10曲目です。特に6曲目はバンジョーのスピード感といい、ブレイクの仕方といい、素晴らしい仕上がりとなっています。なお、1999年には本作の続編もリリースされています。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-09-19 16:51 | ビートルズ・ソング
<< 128 MOON SONGS (1) 126 ブルーグラスの中のビー... >>