115 ブルーグラスの中のビートルズ (8)

アイ・ウィル (I Will)

この曲はアルバム「ザ・ビートルズ(通称ホワイト・アルバム)」に収録されていますが、ポールが後に結婚することとなるリンダを想って作ったものです。彼は生ギターを弾きながら歌い、バックでリンゴがシンバルとマラカスを、そしてジョンが木片でビートを刻んでいます。期待感を持たせる歌詞には、録音した翌週にアメリカからやってくるリンダとその娘を待ちわびる彼の想いが現れています。

a0038167_9222055.jpgこの曲のイメージを損なうことなくブルーグラス・アレンジしたのが、今やブルーグラス界きっての女性ボーカリストに成長したアリソン・クラウスでした。ロブ・アイクスの弾くドブロのイントロに続いて、シンプルなメロディック・スタイルのバンジョー(トニー・ファータード)でワン・コーラス演奏され、いよいよアリソンの登場となります。

彼女の声はこの曲の持つデリケートな表現にぴったりです。また隠し味のようにスティール・ドラムやパーカッションが曲に色彩を持たせてくれます。いずれにしても、アリソンの持ち味を充分に生かしオリジナルを越えた仕上がりとなっています。なおこの曲は、1995年に200万枚を売上げ、4つの賞をさらった彼女の記念すべきアルバム「Now That I've Found You」に収録されています。

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-07-30 09:21 | ビートルズ・ソング
<< 116 ブルーグラスの中のビー... 114 ブルーグラスの中のビー... >>