107 エレキ・インスト(3)

ブルーグラスとエレキ・インスト(とくにヴェンチャーズ・バンド)との共通点を探ってみましょう。まずどちらも「時流に乗っていない(メジャーになりきれていない)」という意味では、非常に似通った環境にあります。この「時流に乗っていない」について、ギター奏者で長年メシを食っている、つまりプロとして堂々人生を歩んでいる、Dr.Kこと徳武弘文氏がこう話されています。

a0038167_1311396.jpg「昭和26年生まれの私の多感なる青春時代は、あの空前のエレキ・ブームに遭遇し、現在の人生があると言い切れるのです。同じようにその時代を過ごされた方々も今は50代くらい、幸い私はギター奏者としての職業を選ぶ事が出来ました。しかしプロの仕事と言うのはみな共通しているのでしょうが、恐ろしく現実的な作業に徹しなければ成り立たない物でもあります。様々なアーティストのバックや商業的な仕事をこなすうちに、本来やりたかった自分自身の姿を見失って行くものです」と、まぁ、青春時代に巡り会った音楽への強い思いと、その音楽を職業にした時のギャップなんかを語っています。

「実際、エレキ・インストのバンドなんて古いだの流行らない、売れないとか、さんざん言われているのも事実です。そんな時代を経て行く中で1996年に、あの、日本にロックンロールのグルーヴを伝来させた黒船のようなヴェンチャーズのドラマー、メル・テイラー氏が亡くなられ、社会的に見てもあまり話題とはならず、音楽という文化の認識の低さを感じ、もう一度原点に戻り音楽に対するリスペクトを表すため、エレキ・インストを再構築してみようと“Dr.K Project”としてパフォーミングをする形となりました」

このように徳武弘文氏は、エレキ・インストというものが「時流に乗っていない」事実を認識した上で、それでも「もう一度原点に戻り音楽に対するリスペクトを表すため」に、(恐ろしく現実的ですが)収入が安定するプロの仕事を一旦お休みしてまで、大好きな音楽に没頭したい(ただし、こっちでもシッカリ稼いでいますが…)と言い切っています。

彼をそこまでに駆り立てるもの、それは多感な青春時代に遭遇したヴェンチャーズの存在があったからなのです。ホームページを検索してみますと、同じような思いを抱くおやじヴェンチャーズ・バンドは日本国中あらゆるところに幾多と存在します。彼らは精力的にライブ活動を行い、こともあろうかCDまでリリースしています。もちろんメジャー・レーベルなどではなく、「宅録」といわれる簡単な録音設備でCDを制作し自主流通しています。有名なところでは東北は盛岡のモカ・バンド(http://www.msato.net/)なんかがそうですね。

a0038167_132588.gif「宅録」というと、この道の大御所(?)加山雄三さんもご自身のプライベート・レーベルからCDをリリースしています。これは日本のエレキ・インスト界を代表する豪華メンバーによる究極の宅録サーフ・コンピレーションで、加山さん自身も参加しています。あまり一般的ではないでしょうが、ディープなエレキ・インスト・ファンにはたまらない1枚かもしれません。ディープというと、ある意味ディープな親父ブルーグラス・バンドのみなさんも、彼らのパワーに負けずに「宅録」でCDを制作して自主流通してくださいませんか?

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-07-10 13:07 | 異ジャンル交流
<< 108 ブルーグラスの中のビー... 106 エレキ・インスト(2) >>