104 モダン・ジャズとブルーグラス(3)

今回が最後の「ジャズとブルーグラスを同じ土俵で語る」シリーズ、第3弾です。

さて話をジャズに戻しますと、1960年代のジャズの中でも安定した形で勢力を伸ばしていったのが、ジョン・コルトレーンや彼の推進したフリー・ジャズと、それ以上にマイルス・デイヴィスを軸としたモード・ジャズ〜新主流派ジャズでした。これらふたつのスタイルが大きな原動力となって、ジャズをさらに発展させていったのです。

しかしその後ジョン・コルトレーンが急逝し、これによって求心力を失ったフリー・ジャズは徐々にパワーが減弱して、いい意味でも悪い意味でもその方向性を拡散させることになってしまいます。一方、新主流派ジャズを創造発展させた主役のマイルスは、さらに次なるステップへと目を向けていました。それが1968年から始まるロックへの接近で、これによって1970年代のジャズ・シーンもマイルスを中心に大きく揺れ動くことになるのです。

a0038167_20165987.jpg1970年代の幕開けは、1969年に録音されたマイルス・デイヴィスの「ビッチェズ・ブリュー」(Columbia/Sony)によって告げられました。1970年春に発売されたこのアルバムは、従来のジャズには認められないポリリズムとロック・ビートの斬新な結合が話題を呼び、多くのミュージシャンに強い影響を及ぼします。

ロック的な要素をマイルスが自分の音楽に取り入れるようになったのは、そのしばらく前の作品からでした。1968年に録音した「マイルス・イン・ザ・スカイ」(Columbia/Sony)で初めて8ビートとエレクトリック・ギターを導入してみせた彼は、続く「キリマンジャロの娘」(同)で電気ピアノを採用し、ロック的なビートもさらなる創造的な形で持ち込むことに成功したのでした。

そして翌年に録音された次作の「イン・ア・サイレント・ウェイ」(同)で、マイルスは従来のレギュラー・コンボによるレコーディングという習慣を取り崩し、さまざまなメンバーの起用と大胆なエレクトリック・サウンドを導入してみせたのでした。そうした過程を経て発表したのが「ビッチェズ・ブリュー」だったのです。

これらの作品においてマイルス・ミュージックに肌で触れることができたミュージシャンたちが、彼とともに1970年代における新しい音楽の中心人物となっていきました。1970年代初頭には、マイルスのグループから巣立ったミュージシャンたちによって、この時代のシーンをリードするいくつかの重要なグループが結成されています。

1970年代前半はまさにマイルス一派が音楽シーンを独占し、また彼らによって音楽が発展していったと言えるほどの勢いがありました。彼らの演奏は様々な音楽ジャンルからの要素を吸収したものであったため、“クロス・オーヴァー”、のちに“フュージョン”と総称される音楽へと繋がっていきます。

a0038167_2017351.jpgさてここでジャズに遅れること20年、ブルーグラスは第3の世代と言われるプレイヤーや女性プレイヤーによって大きく様変わりし始めます。複雑なフレーズやコード進行を持つ楽曲や、ジャズ、フュージョン、ロックなどへの接近によって、もはやブルーグラスにカテゴリーできないものまで現れてきました。こうしたものは広義に「アメリカーナ」と呼ばれ、従来のブルーグラスとは一線を画していますが、どこまでがブルーグラスで、どこからがアメリカーナなのかはっきりしないものもあります。しかし音楽の形態がどう変わろうと、その底辺に流れているのはアパラチアン山脈に息づくアイリッシュ系アメリカンのルーツ・ミュージックに他ならないのです。(この項、終わり)

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-06-30 20:23 | ブレイク・タイム
<< 105 エレキ・インスト(1) 103 モダン・ジャズとブルー... >>