64 アールズ・ブレイクダウン

(Earl’s Breakdown)

a0038167_15293866.jpgブルーグラス・バンジョーの開祖アール・スクラッグスは革新的なバンジョー奏者でした。演奏中にチューニングを変えるというアイディアを実行し、後に自らの名を冠した最高傑作「アールズ・ブレイクダウン」を作曲、録音しました。最初の録音(1951年10月24日)では普通にペグを回しています。「フラット&スクラッグス ザ・ゴールデン・エラ(1950-55)」などではこのバージョンを聴く事ができます。
Lester Flatt & Earl Scruggs / Golden Era (Rounder)

この曲はとても好評で、方々のステージでリクエストを受けました。毎度ペグを回すのも大変だったので、アールは考え抜いた末、カムのような器具をペグに取り付け音程を変える動作をワンタッチで行えるようにしました。それが「スクラッグス・チューナー」というものです。これを使った演奏と、シンプルな曲構成と、はじけるようなバンジョーのサウンドは大喝采を浴びるようになりました。以来、「フリント・ヒル・スペシャル」(1952年11月9日録音)などでもこのカム・タイプのものを使用しています。

その後、やはり革新的なバンジョー奏者のビル・キースが別の構造を持つ同様のペグを発案しました。現在はこちらが主流となっているようですが、通常のペグにはない2つのネジが付いていて、このネジを高・低それぞれの音程で締めると、ペグはその範囲内でしか回らないように設計されています。これをアール・スクラッグスは、「スクラッグス・キース・チューナー」と呼んでいます。

ただし、ブルーグラス・コンテストなどでバンジョーの演奏を競う際、通常この「スクラッグス・キース・チューナー」の使用は禁止されています。つまり、安易にウケるからだそうです。裏を返せば、それくらいインパクトのある器具という事なのでしょう。

さて、ニッティ・グリッティ・ダート・バンドの「永遠の絆」に入っているバージョンでは、アール・スクラッグスがスクラッグス・チューナーを使っているフレーズを、ドック・ワトソンがギターで見事に表現し直しています。
Nitty Gritty Dart Band / Will The Circle Be Unbroken (Capitol)

映画「脱出」で挿入曲の「Dueling Banjo」が一躍有名になりましたが、このアルバムの中にも「アールズ・ブレイクダウン」が収録されています。
Eric Wiseberg / "Dueling Banjos" From The Original Soundtrack: Deliverance (Wea International)

我が国のプロ・ミュージシャンの中でもピカ一のテクニックを聴かせるのが城田じゅんじです。ナターシャー・セブン在籍時にリリースしたソロ・アルバムにこの曲が収録されていました。ギターは朋友の坂庭省悟、その後不幸が続き彼らの演奏はもう二度と聴けないものとなりました。
城田じゅんじ / Soft Shoes (東芝EMI) (CD化されていません)

1970年にサニー・マウンテン・ボーイズに参加し、それまでのメロディック奏法にジミー・マーティン直伝の右手のタイミングを加えて、バンジョー界に新風を吹き込んだのがアラン・マンデでした。彼の1980年代前半にシリーズで発表されたインストゥルメンタル・スタンダードを集めたLP4枚から再編集されたのが次のCDです。僚友ローランド・ホワイト他のシュアーなバックでの頭脳的プレイとソリッドなタイミングでのバンジョー・スタンダード集となっています。「アールズ・ブレイクダウン」はこの中にも収録されています。
Alan Munde / Festival Favorites Revisited (Rounder)

バンジョーの革命児トニー・トリシカは、1970年代初期のアグレッシブさに戻ったかのような尖がった前衛ブルーグラスを聴かせてくれます。いきなり1曲目の「アールズ・ブレイクダウン」でのバンジョーとテナー・サックスのバトルでビックリするのか、彼のユーモア感覚にニヤリと笑うのか、それはあなた次第です。
Tony Trischka Band / New Deal (Rounder)

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-03-21 15:36 | 不朽の名曲
<< 65 ハード・ハーテッド 63 ラヴ・プリーズ・カム・ホーム >>