59 サニー・サイド・オブ・ザ・マウンテン

(Sunny Side Of The Mountain)

a0038167_1614162.jpg元はホークショー・ホーキンスが歌いヒットさせたカントリー・ソングですが、ジミー・マーチンがレパートリーに加えてからはすっかり彼のオリジナルのようになりました。この曲での彼のボーカルと、それを支えるサイドメンも完璧で、完全なブルーグラス・アレンジがなされています。最初に録音した時のバンジョー奏者はマイク・ミラー、テナー・ボーカルとマンドリンはヴァーノン・デリックあたりでしょう。なお、ジミーはこの曲で1965年にASCAP賞を受賞しています。
Jimmy Martin / Greatest Hits (King)

ビル・モンロウ主催のブルーグラス・フェスティバル「ビーン・ブロッサム」にも収録されているジミーのパフォーマンスは、ブルーグラスの野外ライブらしく、拍手、口笛もそのままに拾ってあり、当時の興奮がそのまま伝わります。
Bill Monroe / Bean Blossom (MCA)

ウィルマ・リー&ストーニー・クーパーはジミーに先駆けてこの曲を録音しています。
Wilma Lee & Stoney Cooper With Their Clinch Mountain Clan / Can't You Hear Me Callin' Bluegrass: 80 years of American Music (Sony)

あれっ!彼らも演っていたの?と思ってしまったのが、スタンレー・ブラザーズのスターディー時代の録音です。
The Stanley Brothers / 16 Greatest Hits (Hollywood)

ジミーと旧知の間柄であるオズボーン・ブラザーズも1978年に録音しています。
The Osborne Brothers / Bluegrass Collection (CMH)

ローランドとクラレンスのホワイト兄弟のコーラスが堪能できる、1965年のライヴ録音ヴァージョンです。クラレンスのタイミングを外したリズム・ギターが聴きものです。
The Kentucky Colonels / Livin' In The Past (Sierra)

こちらは後年のローランド・ホワイトが渋いボーカルを聴かせてくれるカントリー・ガゼットのヴァージョンです。アラン・マンデのバンジョーはいつ聴いても心地よいですね。
Country Gazette / Out To Lunch (CD化されていません)

最後に、映画「オー・ブラザー!」で主演ジョージ・クルーニーの声を吹き替えて歌ったダン・ティミニスキ(アリソン・クラウスとユニオン・ステーションのギター)のソロ・アルバムでも、この曲が聴かれます。
Dan Tyminski / Carry Me Across the Mountain (Rounder)

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-03-16 21:57 | 不朽の名曲
<< 60 ブラック・マウンテン・ラグ 58 フォギー・マウンテン・ブ... >>