57 カントリー・ガゼット考(その3)

さて、話を最初に戻すことにします。
どういういきさつだったのかは判りませんが、今から20年前の1985年5月に「リユニオン・バンド」として来日したガゼットは、1本のライヴ・ビデオを残してメンバーは再びそれぞれの道を歩み始めます。

a0038167_20462135.jpgそのビデオを観ると、さすがに往年のテクニックは衰えているものの、これぞガゼットという見事なまでのアンサンブルで最後までボクを飽きさせないまま約100分間のステージを進行させていきます。構成は3部になっていて、1stステージと2ndステージがそれぞれ12曲ずつの24曲に、アンコールとして4曲の合計28曲が収録されています。

COUNTRY GAZETTE: Live in Japan
(MAPS Video-004)
Produced by Takashi Fujii for MAPS Inc.
with Alan Munde, Roland White, Byron Berline & Roger Bush.
1st STAGE;
1. Durham's Reel
2. Never Ending Love
3. Lonesome Road
4. Sunny Side Of The Mountain
5. Snow Ball
6. Honky Cat
7. Forked Deer
8. Little Darlin' Pal Of Mine
9. Don't Let Your Deal Go Down
10. Hot Burrito Breakdown
11. To Prove My Love To You
12. Sally Goodin
2nd STAGE;
13. Huckleberry Hornpipe
14. Down The Road
15. I Wish You Knew
16. New River Train
17. Wheel Hoss
18. Medley : Keep On Pushin'/Tried So Hard/Swin Low, Sweet Chariot
19. Dusty Miller
20. Boil Them Cabbage Down
21. If You're Ever Gonna Love Me
22. Aggravation
23. Uncle Pen
24. Medley : Will You Be Lonesome Too/Roll In My Sweet Baby's Arms/Foggy Mountain Breakdown
ENCORE STAGE;
25. I Know What It Means To Be Lonesome
26. Dear Old Dixie
27. Hard Hearted
28. Orange Blossom Special

全28曲のすべてがガゼットのオリジナル曲とブルーグラス・スタンダード曲で構成されていて、取り立てて目新しいものがあるわけではないのですが、逆にそれが観る者に安心感を与え、懐かしさと気楽な気分で約100分間のステージに付き合えたのでしょう。ただボクにもっと英語を理解する力があれば、ロジャーのおしゃべりを楽しめたはずなのですが…。

ここでボクが感じたことを述べると、日本のファンはガゼットのオリジナルをアラン・マンデ、ローランド・ホワイト、ロジャー・ブッシュに加えて、バイロン・バーラインとしていることです。つまり中期から後期(1985年当時)の中心メンバーに、初期のリーダーだったバイロンを加えた4人がオリジナルだと認識していて、招聘元もこれを認めた上で彼らをチョイスして「リユニオン・バンド」を組んだのだろうと思います。

でもガゼットのオリジナルというと、何度も書きますが、ケニー・ワーツを除いては考えられません。そう、何度も何度も書かせていただきますが、ガゼットといえば、ウエスト・コースト特有のファンタスティックで抜けるようなヴォーカル、ハーモニーがトレード・マークであり、デビュー・アルバム「パーティの裏切り者」で受けた衝撃こそ、それまでのブルーグラス・グループにはなかった斬新な発想と表現方法だったのです。そのハーモニー作りの中心人物が他ならぬケニー・ワーツでした。

しかし放浪癖(と言われている?)のケニーにコンタクトを捕ることが困難だったのか、金銭だけでは招聘できなかったのか、そのいきさつは判りませんが、結果上記の4名が「リユニオン・バンド」として来日しました。ケニーが駄目ならばということでは「ハーブ・ペダーセン」という線も考えられたはずです。彼はアルバム・デビュー以前のガゼットのメンバーであり、声質も明るく爽やかでガゼットのリード・ヴォーカルには誰よりも相応しい存在ですし、彼らの1作目、2作目でも素晴らしいヴォーカルとハーモニーを聴かせてくれています。

それでもガゼットにローランド・ホワイトを加えたいという、かつての日本のブルーグラス・ファンは、ガゼットに「ケンタッキー・カーネルズ」の面影を求めていたとしか考えられないのですが、いかがなものでしょうか?
(次回につづく)

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-03-03 20:48 | カントリー・ガゼット
<< 58 フォギー・マウンテン・ブ... 56 カントリー・ガゼット考(... >>