54 極上スープと特選素材と料理人の腕

美味しい「とんこつラーメン」の条件は、極上スープと特選素材に名料理人の腕が加わることが必要です。一方、いい「ブルーグラス音楽」の条件は、プレイヤーの音楽センスと演奏テクニック、それに加えてプロデューサーの腕がものをいいます。ここに「とんこつラーメン」でいう「極上スープと特選素材と名料理人の腕」が備わった最高の「ブルーグラス音楽」があります。

a0038167_195315.jpgまず名料理人から紹介しましょう。その人はブルーグラス史上最高の料理人、デヴィッド・グリスマン。1970年代半ばからプロデュースの手腕を発揮し始め、70年代後半から80年代にかけて次々と名盤を発表します。1982年に発表した「Here Today」は、バンジョーとテナー・ボーカルにハーブ・ペダーセン、フィドルにジム・ブキャナン、ギターとリード・ボーカルにビンス・ギル、ベースにエモリー・ゴーディJr.を起用し、自らマンドリンとバリトン・ボーカルで参加し、久々にワクワクする「ブルーグラス音楽」を作り上げてくれました。

a0038167_10393394.jpgそして1988年、デヴィッド・グリスマンはその時点での「極上スープと特選素材」を準備し、名料理人としての腕を披露したのでした。アルバムのタイトルは「心の故郷」(Home Is Where The Heart Is)。アルバムの全曲に亘って聴ける彼のマンドリン・ワークは、ツボを得た小気味のよい、まるで丁寧に煮出された極上のとんこつスープのように一音一音がセンスに溢れています。

グリスマンのこのアルバムでの調理方法は、従来のセッション・アルバムと違って、1曲ごとにセッション・メンバーを替えて品数豊かなメニューを披露します。ビル・モンロー・ソングではデル・マッカリーをリード・ボーカルに据えてハイロンサム・サウンドをたっぷりと味わわせてくれます。さらに旧知の仲のレッド・アレンとも息のあった素晴らしいパフォーマンスを繰り広げています。またトニー・ライス、リッキー・スキャッグス、サム・ブッシュ、マーク・オコーナーといった当代一の特選素材をずらりと揃えて、ここでも名料理人の包丁さばきに冴えを見せます。

総勢22名という特選素材を、手を替え品を替え、まるで「横浜ラーメン博物館」のような「一大トラディショナル・ブルーグラス大会」に仕上げていますが、決してそこらの田舎ラーメンにはなっておらず、全体的にまろやかでしなやかでセンスの良い、今風「とんこつラーメン」を作り上げてくれました。どうぞご賞味下さい。

Home Is Where The Heart Is / David Grisman (Rounder)
Disc 1
1. True Life Blues
2. Down in the Willow Garden
3. My Long Journey Home
4. Little Willie
5. Highway of Sorrow
6. Sophronie
7. My Aching Heart
8. Close By
9. Feast Here Tonight
10. Leavin' Home
11. Little Cabin Home on the Hill
12. I'm Coming Back (But I Don't Know When)
Disc2
1. Salty Dog Blues
2. If I Lose
3. Sad and Lonesome Day
4. My Little Georgia Rose
5. Foggy Mountain Top
6. I'm My Own Grandpaw
7. Pretty Polly
8. Home Is Where the Heart Is
9. Nine Pound Hammer
10. Memories of Mother and Dad
11. Teardrops in My Eyes
12. House of Gold
(次回につづく)

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-02-10 01:12 | 名盤紹介
<< 55 カントリー・ガゼット考(... 53 まだまだ続く「ブルーグラ... >>