51 ブルーグラスの80年って? (その2)

a0038167_16193522.jpg1950年代はブルーグラス音楽にとって黄金期といってもいいでしょう。まずビル・モンローに魅せられてデビューしたのが、ヴァージニア州出身のスタンレー・ブラザーズでした。逆に、レスター・フラットとアール・スクラッグスは、ビルのバンドを離れてマーキュリーから新しいバンドでスタートします。彼らはフォギー・マウンテン・ボーイズと名乗り数々の名曲を世に送り出しました。

ダイナマイト・サウンドのバンジョー奏者ダン・リーノウは、友人のレッド・スマイリー(ギター)を誘ってテネシー・カッタップスを結成し、キング、ドット・レーベルで大活躍をします。

カントリーの老舗レーベル、RCAビクターもこのブルーグラスの波を無視することができず、ロンサム・パイン・フィドラーズというバンドの売り出しにかかります。また系列のデッカでもジミー・マーチン&サニー・マウンテン・ボーイズが活躍しました。

ジム&ジェシーはカントリー伝統の兄弟デュエットを継承しながら、個性豊かなブルーグラス・バンドを結成します。ビル・モンローの荒々しいマンドリンに比べてジェシー・マクレイノルズのそれは優雅そのものでした。彼らはキャピトルにたくさんの曲を録音しています。

50年代の終わりにデビューしたのがオズボーン・ブラザーズでした。兄ボブのテナーの下にコーラスをつけるという新しい手法で人気を獲得しました。また、ブルーグラス・ゴスペルというジャンルを築いたのがカール・ストーリーです。彼らはハーモニー・コーラスの極みを聴かせてくれました。

この4枚組CD-BOXの2.3枚目には黄金期を支えたブルーグラス・スターたちの(今やスタンダードとなっている)名曲が数多く収録されています。

DISC 2:
1. Can't You Hear Me Callin' / Bill Monroe & His Blue Grass Boys
2. Foggy Mountain Breakdwon / Lester Flatt, Earl Scruggs & The Foggy Mountain Boys
3. Poor Ellen Smith / Molly O'Day & The Cumberland Mountain Folks
4. The Drunkard's Hell/ The Stanley Brothers & The Clinch Mountain Boys
5. The Lonesome River / The Stanley Brothers & The Clinch Mountain Boys
6. On The Banks Of The River / Wilma Lee & Stoney Cooper
7. The Fields Have Turned Brown / The Stanley Brothers & The Clinch Mountain Boys
8. The White Dove / The Stanley Brothers & The Clinch Mountain Boys
9. Sunny Side Of The Mountain / Wilma Lee
10. I'm A Man Of Constant Sorrow / The Stanley Brothers & The Clinch Mountain Boys
11. I Wonder How The Old Folks Are At Home / Mac Wiseman
12. Uncle Pen / Bill Monroe & His Blue Grass Boys
13. Stoney, Are You Mad At Your Gal / Wilma Lee & Stoney Cooper, Their Clinch Mountain Clan
14. When The Angels Rolled The Stone Away / Lynn Davis
15. Earl's Breakdown / Lester Flatt, Earl Scruggs & The Foggy Mountain Boys
16. Don't Get Above Your Raising / Lester Flatt, Earl Scruggs & The Foggy Mountain Boys
17. Are You Missing Me? / Jim & Jesse, The Virginia Boys
18. Why Did You Wander? / Lester Flatt, Earl Scruggs & The Foggy Mountain Boys
19. Flint Hill Special / Lester Flatt, Earl Scruggs & The Foggy Mountain Boys
20. I'll Go Stepping Too / Lester Flatt, Earl Scruggs & The Foggy Mountain Boys
21. Love And Wealth / Carl Story & His Rambling Mountaineers
22. 20/20 Vision / Jimmy Martin & The Osborne Brothers
23. My Lord Keeps A Record / Carl Story & His Rambling Mountaineers
24. I Love The Hymns They Sang At Mother's Grave / Carl Story & His Rambling Mountaineers
25. Reunion In Heaven / Carl Story & His Rambling Mountaineers
26. Don't You Hear Jerusalem Mourn / Carl Story & His Rambling Mountaineers
27. Hitch Hiker's Blues / Jack Youngblood

DISC 3:
1. The Martha White Theme / Lester Flatt, Earl Scruggs & The Foggy Mountain Boys
2. Don't Let Your Deal Go Down / Lester Flatt, Earl Scruggs & The Foggy Mountain Boys
3. Seven Year Blues / The Webster Brothers
4. Get Down On Your Knees And Pray / Bill & Mary Reid,The Melody Mountaineers
5. Somebody Touched Me / Carl Butler & The Webster Brothers
6. Feudin' Banjos / Arthur Smith & Don Remo
7. Ruby Are You Mad / The Osborne Brothers & Red Allen
8. Knoxville Girl / The Louvin Brothers
9. Once More / The Osborne Brothers & Red Allen
10. Twin Banjo Special / Joe Maphis
11. Gosh, I Miss You All The Time / Jim & Jesse & The Virginia Boys
12. You Don't Know My Mind / Jimmy Martin & The Sunny Mountain Boys
13. Rank Stranger / The Stanley Brothers
14. My Empty Arms / Jim & Jesse & The Virginia Boys
15. Foggy Mountain Top / Lester Flatt, Earl Scruggs & The Foggy Mountain Boys & Mother Maybelle Carter
16. Beautiful Moon Of Kentucky / Jim & Jesse & The Virginia Boys
17. Stoney Creek / Jim & Jesse & The Virginia Boys
18. She Left Me Standing On The Mountain / Jim & Jesse & The Virginia Boys
19. Sunny Side Of The Mountain / Jimmy Martin & The Sunny Mountain Boys
20. Just Joshing / Arthur Smith
21. To The Top OF The World, (It's A Long, Long Way) / Jim & Jesse & The Virginia Boys
22. Cotton Mill Man / Jim & Jesse & The Virginia Boys
23. Since Wedding Bells Have Rung / Don Reno
24. Rosalee / Granpa Jones
25. No More Goodbyes / Sara Carter & Maybelle Carter
26. The Ballad Of Jed Clampett / Lester Flatt, Earl Scruggs & The Foggy Mountain Boys
27. Rabbit In The Log / Jim & Jesse & The Virginia Boys
28. Rocky Top / The Osborne Brothers
29. Mountain Dew / Grandpa Jones
30. Dueling Banjos / Eric Weissberg/Steve Mandell

60年代はフォーク・リバイバルの波に乗って、ワシントンD.C.から続々と新しいグループが現れます。その中でも代表がモダン・ブルーグラスを得意としたカントリー・ジェントルメンでした。彼らはジャズやポピュラーをアレンジして新しいサウンドを作り出したのです。さらに都会育ちの若者が彼らに続いて現れます。

ボストンからはビル・キースとジム・ルーニー、ニューヨークからはグリーンブライア・ボーイズ、チャールズ・リバー・バレー・ボーイズなどが生まれました。また西海岸から現れたケンタッキー・カーネルズのクラレンス・ホワイトは、その革新的なリード・ギターでブルーグラスの歴史を塗り替えます。(残念ながらレーベルの関係でこの4枚組CD-BOXにはこれらのグループは収録されていません)(次回につづく)

人気blogランキングへ
[PR]
by scoop8739 | 2005-01-04 16:22 | ブルーグラスの歴史
<< 52 「ブルーグラス音楽」を「... 50 ブルーグラスの80年っ... >>