219 時系列で聴くカントリー・ジェントルメン (56)

スターディへの録音 (16)

a0038167_09452200.jpg

続いてA面5曲目から始めましょう。

軽快なバンジョーから始まる「ロング・ジャニー・ホーム」(Long Journey Home)は、ブルーグラスの定番となっている曲です。南部山岳地帯の古民謡で、1930年代にモンロゥ・ブラザースによって世に出されました。この曲は、クラレンス・ホワイトが在籍していたケンタッキー・カーネルズが出演した1964年のニューポート・フォーク・フェスでのライヴ盤で有名ですが、伝説のアコースティック・ギタリスト、ドク・ワトソンとクラレンスの歴史的共演を聴くことが出来ます。また、リフレイン部をとって「Lost All My Money」とも呼ばれています。ジェントルメンは、チャーリーのリード・ボーカルに続いてジョンとエディの3部コーラスで、バイタリティ溢れる、胸のすくような熱唱を聴かせてくれます。

6曲目「テイク・ジス・ハンマー」(Take This Hammer)はオズボーン・ブラザーズ盤でおなじみの、これまたブルーグラスの定番となっている曲で、鎖につながれ重労働を課せられた囚人の反抗の歌です。黒人民謡の神様と呼ばれるレッドベリーによって世に出され、「漕げよマイケル」という曲で有名なモダン・フォーク・グループ、ハイウェイメンなども歌っています。また珍しいところではイギリスのロック・バンド、スペンサー・デービス・グループも彼らのレパートリーにしていました。ジェントルメンはオズボーン・ブラザーズ風に3部コーラスで歌います。

7曲目の「おお、スザンナ」(Oh Susanna)は、スティーブン・フォスター作のミンストレル・ソングとして有名な曲です。1848に初めて出版されましたが、ヨーロッパ音楽と白人アメリカ人の音楽にアフリカン・アメリカンの音楽を融合させた、最も有名なアメリカの歌です。この曲をジェントルメンはインスト曲として演奏します。まずはエディのバンジョーが軽快にメロディを奏で、続いてジョンのマンドリンが続きます。双方、少しずつメロディ・ラインを崩しながらの演奏はブルーグラス・インストの醍醐味と言えるでしょう。

ということで、次回はB面へと続きます。


[PR]
# by scoop8739 | 2017-09-21 08:57 | カントリー・ジェントルメン