237 時系列で聴くカントリー・ジェントルメン (72)

ジョン・ダフィの退団とその後。

ついにその日がやってきました。ジョンは1969年初めにカントリー・ジェントルメンを辞めることを決断します。

その後残されたメンバーはジョンの抜けた穴を若手マンドリン奏者のジミー・ゴウドローで埋め、彼の築いた路線を継承します。

しかしエディが抜け、さらにジミーも抜けると、チャーリーはバンジョーに創成メンバーのビル・エマーソンを呼び戻し、マンドリンにはJ.D.クロウのグループにいたドイル・ロウソンを誘い、さらにベースにビル・イエイツを加えてカントリー・ジェントルメンを伝統的なオーセンティック・ブルーグラスへと変身させて行きます。

一方、ジョン・ダフィは楽器の修理を生業とし、しばらくは音楽活動を休止していたのですが、またぞろ演奏への意欲が湧き出すと、クリフ・ウォルドロンのバンドの主力メンバーと共にセルダム・シーンというさらに革新的なバンドを組みあげます。

まず始めはワシントンD.C.で活躍していたバンジョー奏者のベン・エルドリッジが、彼の自宅地下で毎週ジャムセッションを始めます。このセッションには、ギターとリード・ボーカルのジョン・スターリング、ドブロとバリトン・ボーカルのマイク・オゥルドリッジ、そして以前カントリー・ジェントルメンのメンバーだったベースのトム・グレイが参加します。セッション・メンバーのマイク・オゥルドリッジは、バンドをより前進させようと思いジョン・ダフィをジャム・セッションに招きます。

そして試しに、彼らは地元のクラブで週に1夜だけ出演し、週末にはコンサートやフェスティバルで時々演奏し始めます。

バンドが上手く機能し始めると、彼らはワシントンD.C.にある小さなクラブで6週間プレイした後に、19721月頃からメリーランド州ベテスダにあるライヴハウス「レッド・フォックス・イン」をフランチャイズとしてライヴ活動を始めました。

メンバー全員が日々の仕事を持っているために、このグループは自らを“めったに姿を見せないバンド”との意味を込めて「セルダム・シーン」(Seldom Scene)と名付けます。

シーンのサウンドはブルーグラスを基盤にして、カントリー、ロックン・ロール、フォークの影響を受けた革新的なものでした。コンサートの出演やレコーディングは稀にしか行わず、そういう噂がさらにグループの人気を高め、1974年までに彼らはミュールスキナー・ニュース誌の読者投票でブルーグラスのトップ・バンドに選ばれます。

ジョン・ダフィはそれまでのうっぷんを晴らすかのようにプログレッシブな選曲で、強力なテナー・ボイス、パワフルなマンドリン演奏を展開します。加えてメンバーの驚異的なステージ・テクニックが新しい世代のファンや仲間たちを魅了したのでした。

a0038167_10502717.jpg

「モダン・ブルーグラスの旗手」と言われたジョン・ダフィの新たなるステージの幕が上がったのです。

この続きはいずれまた。(終わり)


[PR]
# by scoop8739 | 2017-11-21 10:51 | カントリー・ジェントルメン