195 カントリー・ジェントルメンを聴き倒す (34)

スターディ時代 (13)

1963年7月、日本で初めてカントリー・ジェントルメンのLPが発売されました。これはスターディ社でのベスト盤「ブルーグラス・アット・カーネギー・ホール」と同じ内容で、日本向けにタイトルを「ベスト・オブ・カントリー・ジェントルメン」と改めた初期ジェントルメンの全貌をしっかりと伝える内容のアルバムでした。

a0038167_12143847.jpgところで、この年のジェントルメンは超多忙を極めます。彼らはその人気に伴って多くのライヴとレコーディングを抱えることとなります。その中のひとつに、スターディ社所属のアーティスト、ビル・クリフトンのレコーディング・セッションで彼のバック・バンドを勤めます。

このレコーディングは「ビル・クリフトン・ミーツ・ザ・カントリー・ジェントルメン」(Starday)のタイトルで本邦でもリリースされています。また1975年に、このアルバムは西ドイツのベア・ファミリーより3枚組アルバム「ゴーイング・バック・トゥ・ディキシー」としてリリースされ、さらに2001年6月には「Around The World To Poor Valley」(Bear Family 16425 HK)という8枚組CDボックスの一部に完全収録されています。ここでは彼らがバックを勤めた全作品をタイトルだけでもご紹介しましょう。

8月5、6、7日の3日間でレコーディングされた曲は全16曲でした。
ゴーイング・バック・トゥ・ディキシー (Going Back To Dixie)
母の祈り(Your Mother still Prays for You, Jack)
どぶろく造り (Moonshiner)
ジャスト・ア・スマイル (Just A Smile)
ロンリー・リトル・キャビン (Lonely Little Cabin)
鉱夫の子の夢 (Dream Of The Miner's Child)
グランドホッグ・ハント (Groundhog Hunt)
エンジン23 (Engine Twenty-Three)
ジム・ハットフィールドの息子 (Jim Hatfield's Son)
土曜の夜 (Saturday Night)
ロンサム・フォー・ユー (Lonesome For You)
怠け者の求婚 (Lazy Courtship)
輝ける河を越えて (Across the Shining River)
ロール・ザ・コットン・ダウン (Roll the Cotton Down)
テイク・ミー・バック (Take me Back)
ロンサム・フィールド (lonesome Field)

続いて9月3、4日の2日でレコーディングされた曲は全15曲でした。
緑の谷間 (the Little Green Valley)
人生の重荷をおろす時 (When I Lay Burdens Down)
岸辺で (At My Window)
レイ・ダウン・マイ・オールド・ギター (Gonna lay Down My Old Guitar)
柳のそよぐ所 (Where The Willow Gently Sways)
君といれば (When I'm With You)
孤独の夜 (My Nights Are Lonely)
窓辺の灯 (Lamp In The Window)
ルイーズ・コリンズ (Louis Collins)
アイル・ビー・サティスファイド (I'll Be satisfied)
オールド・ルーベン (Old Ruben)
マイ・シンディー・ガール (My Cindy Girl)
ディキシー・ランブル (Dixie Ramble)
ビッグ・ビル (Big Bill)
ブリンギング・マリー・ホーム (Bringing Mary Home)

【資料参考: Bear Family“Bill Clifton / Going Back To Dixie”(Bear Family 15000-2)】

人気blogランキングへ
[PR]
# by scoop8739 | 2006-04-16 12:15 | カントリー・ジェントルメン